真夏の獅子の戦いもいよいよラスト3戦!「ライオンズ フェスティバルズ」過去の名場面を振り返る!

パ・リーグ インサイト

2022.8.19(金) 17:00

埼玉西武ライオンズ・中村剛也選手(左)與座海人投手(右)(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・中村剛也選手(左)與座海人投手(右)(C)パーソル パ・リーグTV

 ライオンズファンにはお馴染みとなった夏の大型イベント「ライオンズ フェスティバルズ」。今年もさまざまな思いが込められたユニフォームと共に、熱い戦いが繰り広げられている。そこで、これまでのライオンズフェスティバルズの激闘の歴史と、ユニフォームのコンセプトを振り返りたい。

(※戦績は各年「ライオンズ フェスティバルズ」期間中の勝敗)

【2016年】エメラルドユニフォーム 戦績:13勝15敗

 2016年より始まった「ライオンズ フェスティバルズ」は、球団歌「地平を駈ける獅子を見た」の歌詞「空青く、風白く、地は緑、炎の色の獅子を見た」をもとにした3部作ユニフォームからスタート。同年は「地は緑」より、球場の周りを囲む木々の緑が湖面に映り、エメラルドカラーやシルバーカラーにキラキラと移り変わる情緒豊かなその姿を、デザインに落とし込んだ。

◇呉念庭選手、プロ初タイムリー&初めてのお立ち台!

 8月14日のオリックス戦。4回表に1点を先制されるも、その裏に3連打ですぐさま同点に。さらに続く呉念庭選手がプロ初タイムリーとなる2点適時打を放ち、一気に逆転に成功する。その後は山川穂高選手の本塁打などもあり、5対1で勝利。当時ルーキーの呉選手はうれしいプロ初打点で、自身初のお立ち台に上がった。

【2017年】炎獅子(えんじし)ユニフォーム 戦績:20勝4敗

 2017年は歌詞の「炎の色の獅子を見た」から「炎獅子ユニフォーム」が誕生。「獅子(選手)の身体の中からメラメラと熱く燃え上がる情熱の炎を再現した」という言葉通り、獅子たちは熱い試合を展開し、59年ぶりの13連勝など驚異の勝率を誇った。

◇一振りで試合を決めた!栗山巧選手の代打サヨナラ弾

 8月17日の「ライオンズ フェスティバルズ 2017」最終戦。0対0のまま9回裏を迎えると、2死1、2塁とサヨナラのチャンスをつくる。ここで代打・栗山巧選手が外角高めの速球を振り抜き、打球はライオンズファンの待つレフトスタンドへ。これが試合を決めるサヨナラ3ランホームランとなった。

【2018年】獅子風流(ししぶる)ユニフォーム 戦績:13勝7敗1分

 2018年は同じく歌詞の「空青く、風白く」から、ブルーを基調とし、白き風と無数のチャンピオンフラッグがデザインされた、「獅子風流(ししぶる)ユニフォーム」を制作。デザインコンセプトとして「“青空”のもとで選手たちが躍動、荒ぶる“白き辻風(つじかぜ)”が大きなうねりとなり、所沢の地にチャンピオンフラッグをたなびかせる」と掲げ、ファンへの誓いを込めた。

◇0対6からの逆転勝利!森友哉選手の当たりに山川穂高選手が激走!

 8月14日のオリックス戦は、初回にいきなり6点を奪われる苦しい展開となる。しかし、徐々に追い上げると、8回裏、中村剛也選手の適時二塁打で同点に。そして10回裏、1死1塁から森友哉選手の左中間への当たりに山川選手が激走。ヘッドスライディングで本塁を陥れ、サヨナラ勝利を飾った。

【2019年】令王(レオ)ユニフォーム 戦績:13勝10敗

 令和に改元されて迎えた「ライオンズ フェスティバルズ 2019」。新たな時代(令和)においても王者であり続けるよう願いを込めて「令王(レオ)ユニフォーム」が制作された。伝統のライオンズブルーをベースに、チームの象徴であるライオンを融合。「Lion's Pride」をコンセプトに2つのプライド(誇り、群れ)をイメージしたデザインとなっている。

◇中村剛也選手の通算400号本塁打で劇的サヨナラ勝ち

「ライオンズ フェスティバルズ 2019」初戦となった7月19日、0対4とビハインドのまま試合は終盤に。しかし7回裏に1点を返すと、9回裏に金子侑司選手に3ランが飛び出し土壇場で同点に追い付く。そして延長11回裏、中村選手にプロ通算400号となるソロ本塁打が飛び出し、劇的なサヨナラ勝利を収めた。

【2021年】彩虹(さいこう)ユニフォーム 戦績:5勝9敗3分

 2021年は球団歌の一節の「激しく雄々しく美しくたてがみ虹の尾をひいて」をもとに、ライオンの誇りであるたてがみをカラフルにデザインし、選手たちの多様な個性を表現。彩り美しい虹のように、選手それぞれの特徴や個性(カラー)を生かすことで「最高」の結果を出し、彩の国(埼玉)で再び王者に返り咲くことへの思いが込められた。

◇渡邉勇太朗投手 プロ初先発・プロ初勝利!

 2021年8月15日、先発の渡邉勇太朗投手は5回を投げ、76球4安打1四球3奪三振の投球内容。勝利投手の権利を持ったままマウンドを降りると、救援陣もリードを守り切り、プロ初勝利を手にした。

◇愛斗選手の好捕が光り、3年ぶりのトリプルプレーを完成させる!

 2021年8月14日の対東北楽天戦、1回表に無死1、2塁のピンチを背負うと、ライトへの飛球を愛斗選手が後ろ向きの難しい体制で好捕。走者はいずれも飛び出しており、愛斗選手はすかさず二塁に送球。そして源田壮亮選手が一塁に転送し、2018年以来3年ぶりとなる三重殺を完成させた。

【2022年】WILD WILD ユニフォーム

 そして2022年は「WILD WILD SUMMER 野性に還る夏」をテーマに、大自然のワイルドや灼熱のサバンナを想起させるカーキを基調とした「WILD WILD ユニフォーム」を着用。最下位となった昨季の屈辱から立ち上がるライオンズとサバンナの厳しい環境で生きるライオンを重ね、王座奪還を目指すとともに、厳しい夏を戦い抜く決意と団結を示している。

◇與座海人投手、プロ初完投・プロ初完封!

 7月30日の対福岡ソフトバンク戦で、與座海人投手が9回112球7安打無四球5奪三振の快投でプロ初完投&初完封を達成。今季チーム95試合目にして先発投手初完投となり、8勝目を挙げた。

◇中村剛也選手「おかわり弾」でサヨナラ!

 8月4日の対オリックス戦、中村選手の5号2ランで先制するも、リードを守り切れず、2対2で9回裏に。1死走者無しから中村選手は4球目を振り抜き、レフトスタンドへたたきこんだ。この日2本目となる「おかわり弾」は試合を決めるサヨナラホームランとなり、チームを3連勝に導いた。また、8月12日には通算450号と通算1000得点を達成している。

 ユニフォームの着用は8月21日(日)まで。混戦パ・リーグを抜け出すためにも、厳しい夏を乗り越えられるか。獅子たちの熱い戦いから目が離せない。

文・谷島弘紀

関連リンク

西武ライオンズが決断した「チケットのセカンダリーサービス」という選択
愛斗の打球が“珍”エンタイトルツーベースに!?
山川穂高が本拠地通算100号を達成!
中村剛也が通算450本塁打、1000得点を同時達成
内海哲也が引退表明後初登板で1回無失点の好救援!

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE