沖縄セルラースタジアム那覇で沖縄出身選手が躍動! 2連戦の活躍まとめ

2022.5.18(水) 22:28 パ・リーグ インサイト

◇埼玉西武対福岡ソフトバンク 第8回戦、第9回戦(17日、18日・沖縄セルラースタジアム那覇)

 沖縄セルラースタジアム那覇での2連戦では、両チームの沖縄出身選手が凱旋試合で躍動した。

 17日の第1戦は、埼玉西武・與座海人投手と福岡ソフトバンク・東浜巨投手の沖縄尚学高校OBの対決となった。先輩の東浜投手が7回104球2安打2四球6奪三振の好投を見せると、後輩の與座投手も8回117球4安打8奪三振無失点の好投で応えた。同じく沖縄県出身の山川穂高選手は、1回裏に東浜投手から安打を放つ活躍を見せた。

 18日の第2戦では、福岡ソフトバンクの沖縄出身リリーフ陣が出場した。嘉弥真新也投手は1点リードの7回裏に登板したが、先頭打者に安打を許して無念の降板。悔しい凱旋登板となった。8回裏に登板した又吉克樹投手は、山川選手との対決を迎える。結果は山川選手に軍配。安打こそ許したが、後続を断ち1回を無失点に抑えた。

 両チームの沖縄出身選手の活躍により、場内は大いに盛り上がった。来年以降の凱旋試合でも、彼らの活躍に期待したい。

文・木村圭

「パ・リーグ.com」ではパ・リーグのニュースを更新中!
本日の試合詳細/動画はこちら
5/17 ダイジェスト/試合結果
5/18 ダイジェスト/試合結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM