山本由伸が史上初の2年連続投手4冠。山崎颯一郎、宇田川優希、本田仁海らが台頭【オリックス・バファローズ2022:投手編】

パ・リーグ インサイト

BUFFALOES Season Review 2022(C)PLM
BUFFALOES Season Review 2022(C)PLM

 劇的なリーグ優勝、そして勢いそのままに東京ヤクルトとの「SMBC日本シリーズ2022」を制し、26年ぶりの日本一を果たしたオリックス。しかし、その道のりは決して楽なものではなかった。

 前年のリーグ覇者として迎えた今季、他球団からの厳しいマークを受けた。主力の相次ぐ離脱も重なってシーズン序盤は不振に陥り、前半戦を5位で折り返す。しかし後半戦に入り、山本由伸投手が圧倒的な活躍を見せると、さらに若手剛腕投手陣の台頭もあって完全復調。怒涛の勢いで福岡ソフトバンクを追い上げると、史上初のレギュラーシーズン最終日に逆転優勝を果たしたのだ。

今季も絶対的エースとして君臨。2年連続の投手4冠を果たした山本由伸

 オリックスの心臓といっても過言ではない、球界最強投手であるこの男なくして今季のオリックスは語れないだろう。チーム「10」連敗中と鬼門であった開幕戦を8回無失点の快投で勝利に導くと、4月は防御率1.55をマークする。その後も6月に防御率0.56という驚異的な数字を残し、通算6度目の月間MVPを記録するなど圧倒的なパフォーマンスを披露。7月に防御率3.14と一時調子を落とすも、チーム状態が上向き始めたシーズン終盤には、毎試合のように快刀乱麻の投球を展開した。9月は4勝0敗、防御率1.38と圧巻の勝負強さを見せ今季2度目・通算7度目の月間MVPを獲得。

 最終的に2年連続リーグ最多の15勝、205奪三振で3年連続の最多奪三振、防御率1.68で2年連続3度目となる最優秀防御率を受賞、さらに勝率.750で2年連続の最高勝率をマークし、2年連続の投手4冠を達成するなど今年も記録詰めのシーズンとなった。2年連続のシーズンMVPも受賞した今季は、まさにチームの大黒柱として活躍した1年間であった。

左腕3本柱の堅実な活躍も光る

 山本投手以外の先発陣たちも見事な活躍を見せた。まず右腕では、山岡泰輔投手が安定した投球を披露。7月19日の北海道日本ハム戦終了時点で防御率1.75でリーグトップの防御率を誇り、援護に恵まれず勝ち星こそ伸びなかったものの、防御率2.60(規定投球回未到達)と自己最高の成績を残した。

 そして左腕では、3投手が活躍。まず1人目は、宮城大弥投手だ。昨季高卒2年目ながら13勝を挙げ、新人王を獲得した左のエースは、今季序盤「2年目のジンクス」に苦しみ、打ち込まれる試合も少なくなかった。しかし流石の修正力を見せ、徐々に調子を上げると、8月には防御率1.14で自身初の月間MVPを獲得。最終的に2年連続2桁勝利となる11勝をマーク、自身初の完投・完封勝利を挙げるなど成長を見せた。

 2人目は、田嶋大樹投手。 昨季自身2年連続の規定投球回に到達するなど飛躍を遂げ迎えた今季、持ち前の才能が完全に開花。シーズン序盤から安定した投球を展開すると、6月には3勝0敗、防御率0.86をマークした。

 そして3人目は、山崎福也投手だ。レギュラーシーズンこそ5勝にとどまったものの、「SMBC 日本シリーズ2022」第6戦では、5回無失点の好投で勝利投手となり、日本一へ大手をかけた。また、第2戦では先制の適時打を放つ離れ業を披露するなど持ち前の打撃センスを存分に発揮。大一番で素晴らしい活躍を見せる強心臓ぶりを発揮した。

リーグ最高峰の剛腕リリーフ陣を形成

 シーズン終盤、救援投手たちの躍動に舌を巻いたファンも多いだろう。16年ドラフト6位の山崎颯一郎投手は、10月15日の福岡ソフトバンク戦で球団日本人最速の160km/hをマーク。甘いマスクから放たれる力強い直球は女性ファンの心を鷲掴みにし、「吹田の主婦」という愛称も定着した。
 
 また、20年育成ドラフト3位の宇田川優希投手も159km/hをマーク。荒削りながらも、圧倒的な球威でパ・リーグの並みいる強打者たちをねじ伏せた。彼らはポストシーズンでも活躍を見せ、特に宇田川投手は日本シリーズの全7試合中4試合に登板、計5.2イニングを無失点に抑えるなどMVP級の活躍を見せている。

 そして、17年ドラフト4位の本田仁海投手も158km/hを計測し、本格派としての才能が開花。42試合に登板し、剛腕リリーフ陣の一角を担った。20年ドラフト6位の阿部翔太投手も、開幕から19試合連続無失点を記録するなど44試合に登板し防御率0.61、22ホールドと驚異的な成績をマーク。このように、ドラフト前の評価を覆すように下位指名のリリーフ投手が飛躍を遂げ、球界に名を轟かせた1年であった。

配置転換が功を奏す

 今季の投手陣を支えたひとりとして忘れてはならないのが、ワゲスパック投手だ。198cmの体格を誇る助っ人右腕は、シーズン序盤は先発として起用されていたが、6月終了時点で防御率4.58といまひとつ成績を残すことができずにいた。しかしシーズン中盤から中継ぎに配置転換されると、その素質が見事に開花。

 9月には登板した9試合全てを無失点に抑えるなど素晴らしいパフォーマンスを見せた。そして、「SMBC 日本シリーズ2022」ではチーム最多の5試合に登板し無失点に抑える大車輪の活躍を見せた。前述した山崎颯投手同様、シーズン開幕前はリリーフに配置転換させることは想定していなかった。采配が見事に的中し、まさに中嶋監督率いるコーチ陣が魅せたマジックと言えるだろう。

ベテラン投手陣もいぶし銀の活躍

 12球団屈指の投手陣を支え、また自らも素晴らしい成績を収めたベテラン投手陣も今季の優勝への原動力の一つ。

 まずはチームの守護神を務め、防御率1.57、リーグ3位の28セーブを挙げた平野佳寿投手だ。シーズン開幕前時点で日米通算745試合に登板した38歳の大ベテランは、パ・リーグ史上初・NPB史上2人目の「NPB通算200セーブ・150ホールド」の大偉業を達成した。

 そして、比嘉幹貴投手は今季もピンチで火消し役を担い、30試合で防御率2.53を記録。ともにリーグ優勝まであと一歩に迫った2014年の雪辱を果たした。

 また、3年ぶりの一軍登板を果たした近藤大亮投手は、自己最高の防御率2.10と復活。窮地で熱投を見せ、チームを鼓舞する姿はファンの心にも強く刻まれた。そして、チーム最年長選手・コーチ兼任投手として通算104勝のキャリアに終止符を打った能見篤史投手も、自身18年間のプロ生活に華を添えた。

ドラフト1位ルーキー・椋木蓮の衝撃的な投球

 2021年のドラフト会議で1位指名を受け入団した椋木蓮投手。春季キャンプ中の故障で開幕こそ出遅れるものの、7月7日の埼玉西武戦で一軍初登板・初先発を果たすと、6回無失点の快投で初勝利をマークした。

 そして2試合目の登板となった7月20日、北海道日本ハム戦で衝撃の投球を披露する。9回2死までノーヒットに抑え、11個の三振を奪う支配的な投球を展開すると、最後は佐藤龍世選手に安打を許すも、新人離れしたポテンシャルの片りんを見せた。

 4試合の登板にとどまり、9月30日にはトミー・ジョン手術を受けたことが発表されたものの、今後のオリックスを支える柱となることは間違いない。まずは万全の状態での復帰する姿を心待ちにしたい。

3連覇へ向けて更なる飛躍を

 今オフ、主砲の吉田正尚選手がボストン・レッドソックスへ移籍するなど、打撃面での戦力ダウンが見込まれる来季。チーム史上初の3連覇へ向け、投打ともに更なる充実が求められるシーズンとなるが、投手陣に関しては心配は必要なさそうだ。

 まず最大の注目は、やはり山本投手。長い日本のプロ野球史で金田正一氏しか達成していない3年連続の沢村賞獲得、そして3年連続のリーグMVPなど、来季もタイトルを総なめし、チームをけん引することができるか。

 山崎颯投手・宇田川投手は、初めてのフルシーズンを迎えることになる。来季も剛速球が楽しみな一方、シーズンを通して安定した投球を続け、首脳陣から絶対的な信頼を勝ち取ることができるか。

 ドラフト1位ルーキーの曽谷龍平投手の活躍にも注目だ。アマチュア球界No.1左腕と評される即戦力ルーキーは、開幕ローテーション入りを果たしセンセーショナルな活躍を挙げることができるか期待したい。

 そして、日本人選手史上4人目の日米通算250セーブ、そして「名球会」入りへ残り”29”と迫った平野投手は、念願の金字塔を打ち立てることができるか。NPB復帰1年目の昨季は29セーブを挙げており、来季も同様のパフォーマンスを見せることができれば、シーズン中に到達する可能性は十分にある。年々円熟味を増す屈指のクローザーの活躍に、目が離せない。

文・村井幸太郎

オリックス2022シーズンレビュー:野手編
他球団のシーズンレビューはこちらから

関連リンク

再びの快挙で前人未到の領域へ。打者を制圧するMVP右腕の進化
【プロ野球チアになろう】「BsGirls」編
3年ぶりの“ふれあい”企画全紹介!オリックスファンフェスタ2022レポ
奇跡の逆転優勝で連覇達成。チーム一丸で苦境を越えた、オリックスの2022年を振り返る
8年越しのドラマを生んだ「10.2」。“伝説の2014年”を知る選手たち

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • パ・リーグ.com トップ
  • ニュース
  • 山本由伸が史上初の2年連続投手4冠。山崎颯一郎、宇田川優希、本田仁海らが台頭【オリックス・バファローズ2022:投手編】