周東佑京&牧原大成、わずか3球で鮮やかな先制劇!【ウィークリーファーム2022 #25】

パ・リーグ インサイト

2022.9.5(月) 06:30

福岡ソフトバンクホークス・周東佑京選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・周東佑京選手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月30日から9月4日の間、「パーソル パ・リーグTV」ではファーム交流戦1試合、イースタン・リーグ10試合、ウエスタン・リーグ6試合を配信した。「ウィークリーファーム」では、この1週間に配信された試合から、注目シーンをピックアップしてお届けする。

ファーム交流戦

 8月31日、オリックスとのファーム交流戦で先発した東北楽天・瀧中瞭太投手は、毎回ランナーを出しながらもピンチをしのぎ、5回4安打2四死球3奪三振無失点の投球を見せる。リリーフ登板した涌井秀章投手も3イニングを1安打無失点に抑える好投。大事なシーズン終盤戦を勝ち抜くためにも、2投手の完全復活が待たれる。

イースタン・リーグ

 9月1日の北海道日本ハム対巨人戦、2点リードで迎えた最終9回表のマウンドを任されたのは、ドラフト5位ルーキー・畔柳亨丞投手。2死1、2塁とピンチを背負い、適時打で1点を失ったものの、最後は八百板卓丸選手を空振り三振に切って取り、公式戦初セーブを挙げた。

 同日の千葉ロッテでは、仙台育英高校出身の2選手が躍動した。同点に追い付かれた直後の4回裏、西巻賢二選手の適時打で勝ち越しに成功。5回裏に適時二塁打を放った平沢大河選手は6回裏にも犠飛で追加点をもたらし、チームを勝利に導いた。

 4日に行われた東京ヤクルトとの試合で、埼玉西武・ジョセフ選手にうれしい公式戦初ホームランが飛び出した。第1打席にヒットで好機を演出したジョセフ選手は、続く第2打席でレフトへ大きな一発を放つ。さらに第3打席でもセンターへのヒットが生まれ、3安打1打点の活躍を見せた。

ウエスタン・リーグ

 オリックスの2年目・来田涼斗選手は、福岡ソフトバンクとの3連戦でパワフルな打撃を披露。2日にレフト方向へ4号2ランをたたき込むと、3日には豪快な同点弾を放ち、2試合連続弾をマークした。

 新型コロナウイルスから復帰した周東佑京選手、牧原大成選手が4日、スピード感のある攻撃を見せた。試合開始早々に初球をライト線へ運び、3塁を陥れた周東選手は、続く牧原大選手が2球目をセカンドへ転がす間にホームイン。わずか3球、あっという間の先制劇だった。

◇「ウィークリーファーム」過去の記事はこちら

文・高橋優奈

試合詳細はこちらからチェック!

【8/31 E-B】瀧中瞭太、涌井秀章、西垣雅矢で完封リレー! 東北楽天が勝利
【9/1 F-G】金子千尋が5回無四死球0封で7勝目。畔柳亨丞は初セーブをマーク
【9/1 M-S】二木康太が5回6奪三振1失点。3被弾も千葉ロッテが逃げ切る
【9/4 L-S】ジョセフが公式戦初本塁打! 埼玉西武が東京ヤクルトとの接戦を制す
【9/3 B-H】野口智哉が決勝3号ソロ! 12安打8得点のオリックスが勝利
【9/4 B-H】笠谷俊介&杉山一樹が好投! 完封リレーで福岡ソフトバンクが勝利

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE