石川柊太が6回5失点の乱調。打線もわずか1得点で鷹が引き分け挟み4連敗

2021.6.4(金) 21:15 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンク・石川柊太投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンク・石川柊太投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月4日、甲子園で行われた阪神と福岡ソフトバンクの「日本生命セ・パ交流戦 2021」第1回戦は、1対6で福岡ソフトバンクが敗れた。

 福岡ソフトバンクの先発・石川柊太投手は初回、1番・近本光司選手に安打を許すと、続く北條史也選手の適時二塁打を浴び、わずか4球であっさり先制を許す。なおも1死3塁のピンチで、4番・大山悠輔選手の適時打で2点目を献上。2回裏にも、6番・佐藤輝明選手の二塁打などで2死2、3塁とされると、1番・近本選手に2点適時打を許し、序盤から4点のリードを許す展開となった。

 早めに追いつきたい打線は、2回表、3回表と得点圏に走者を進めながらも無得点に終わる。6回表にも無死1、2塁のチャンスを作るが、後続が倒れて点差を縮めることは出来ず。2回までに4点を失った先発・石川投手は、3回以降は立ち直り、4回裏、5回裏は3者凡退のピッチングを披露。しかし、6回裏に6番・佐藤輝選手に5点目となる適時打を許し、6回8安打1四球5失点でマウンドを降りた。

 7回裏は、5月末に支配下登録された大関友久投手がプロ初登板を果たし、先頭を出しながらも2三振を奪って無失点に抑える好投を披露。すると8回表、3番・栗原陵矢選手が7号ソロを放ち1点を返す。しかし8回裏、回を跨いで登板した大関投手は、4番・大山選手の7号ソロを浴び、再び5点差とされる。迎えた9回表は、代打・長谷川勇也選手が安打を放つも後続が倒れ、試合終了。

 1対6で敗れた福岡ソフトバンクは、先発の石川投手が6回8安打5奪三振5失点と振るわず、今季4敗目を喫した。打線も、栗原選手の7号ソロの1点のみに終わり、引き分けを挟んで4連敗となった。

  123456789 計
ソ 000000010 1
神 22000101X 6

ソ ●石川柊太-大関友久
神 ○青柳晃洋-藤浪晋太郎

文・波多野瞭平

関連リンク

6/4 ジャイアンツ対ファイターズ結果
6/4 スワローズ対ライオンズ結果
6/4 ベイスターズ対マリーンズ結果
6/4 ドラゴンズ対バファローズ結果
6/4 カープ対イーグルス結果
【ファーム】6/3 ファイターズ対ジャイアンツ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM