涌井秀章が史上49人目となる通算150勝を達成! 黒川史陽がプロ初本塁打を放った楽天が広島に快勝

2021.6.4(金) 22:05 パ・リーグ インサイト
楽天・涌井秀章投手(C)パーソル パ・リーグTV
楽天・涌井秀章投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月4日、マツダスタジアムで行われた広島と楽天の「日本生命セ・パ交流戦 2021」第1回戦は、12対5で楽天が勝利した。

 楽天は初回、小深田大翔選手と鈴木大地選手の連打で広島の先発・中村祐太投手を攻め立てると、4番・島内宏明選手の適時打で幸先よく先制。なおも2死1、2塁として打席には2年目の黒川史陽選手。2球目の変化球を捉えると、打球はライトスタンドへ。黒川選手は記念すべきプロ初本塁打に「プロ初HRが打てて、素直に嬉しいです。ここまで育ててくれた両親に感謝ですね。広島のサードが先輩の林さんなので、先輩の前で打てたのもよかったです。まだまだ試合はこれからなので頑張ります」と、喜びをかみしめた。

 初回から4点のリードをもらった先発・涌井秀章投手だったが、1回裏に菊池涼介選手と林晃汰選手の適時打を浴び、2点を失う。2回裏と3回裏はそれぞれ3者凡退で切り抜けるも、4回裏から6回裏まで毎回失点する苦しい展開に。広島打線の猛攻を受け、6回10安打5失点の投球内容となった。

 しかし楽天打線がその広島を上回る勢いを見せる。4回表には浅村栄斗選手の適時打で1点を、5回表には岡島豪郎選手の6号ソロなどで2点を追加し、涌井秀章投手を援護。2点差に迫られた8回表には、1死満塁の好機から、押し出しの四球や島内選手の適時三塁打などで一挙5点を奪い、試合を決定づけた。

 7回裏以降は酒居知史投手、ブセニッツ投手、内間拓馬投手がそれぞれ1イニングずつを無失点に抑え、12対5で試合終了。勝利した楽天は、打線が14安打12得点を記録し、鈴木選手、黒川選手が猛打賞をマーク。また、打点リーグトップを走る島内選手は今試合でも4打点を挙げる好調ぶりを見せた。

 なお、この試合で白星を挙げた涌井秀章投手は史上49人目となる通算150勝の快挙を達成。ヒーローインタビューでは「大きな怪我無くここまで来れたので、両親に感謝したい」と感謝の言葉を口にした。これで涌井投手は早川隆久投手に並ぶリーグトップの6勝目をマーク。交流戦での勝ち星も歴代2位タイとなる25勝に伸ばした。

  123456789 計
楽 400120050 12
広 20011100X 5

楽 ○涌井秀章-酒居知史-ブセニッツ-内間拓馬
広 ●中村祐太-大道温貴-中田廉-中崎翔太-菊池保則

文・小野寺穂高

関連リンク

6/4 ジャイアンツ対ファイターズ結果
6/4 スワローズ対ライオンズ結果
6/4 ベイスターズ対マリーンズ結果
6/4 ドラゴンズ対バファローズ結果
6/4 タイガース対ホークス結果
【ファーム】6/3 ファイターズ対ジャイアンツ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM