山本由伸が7回1失点の好投で5勝目をマーク! 1点差を守り切りオリックスが連勝

2021.6.4(金) 20:55 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月4日、バンテリンドームで行われた中日とオリックスの「日本生命セ・パ交流戦 2021」第1回戦は、2対1でオリックスが勝利した。

 オリックスは初回、先頭の福田周平選手と2番の宗佑磨選手に連打が生まれると、吉田正尚選手は四球を選び、無死満塁の好機を4番・杉本裕太郎選手の前にお膳立て。杉本選手は期待に応える先制の2点適時打を放ち、昨季の沢村賞投手である大野雄大投手に対して、1死も与えぬうちに出鼻をくじいた。

 先発は山本由伸投手。先制点をもらった直後の初回、2死2、3塁のピンチを招いたが後続を内野ゴロに打ち取り、なんとか無失点で抑える。すると以降は伸びのある直球と変化球を織り交ぜ、安定した投球を披露。6回裏に福田永将選手に2号ソロを許すも、7回を投げ切り、104球4安打9奪三振1四球1失点の投球内容にまとめた。一方の打線は追加点を挙げられず、1点差で試合は終盤へ。

 8回裏はヒギンス投手が3者凡退で抑えると、9回裏は平野佳寿投手が登板。1死2塁と一打同点のピンチを招くも、後続を抑え2対1で試合終了。
 
 勝利したオリックスは、「日本生命セ・パ交流戦 2021」首位・中日との接戦をものにした。打線は初回の集中打で先制し、山本投手がリードを守り抜く理想的な試合展開で連勝。山本投手は今季5勝目をマークした。

  123456789 計
オ 200000000 2
中 000001000 1

オ ○山本由伸-ヒギンス-S平野佳寿
中 ●大野雄大-橋本侑樹-藤嶋健人-ロサリオ

文・小野寺穂高

関連リンク

6/4 ジャイアンツ対ファイターズ結果
6/4 スワローズ対ライオンズ結果
6/4 ベイスターズ対マリーンズ結果
6/4 タイガース対ホークス結果
6/4 カープ対イーグルス結果
【ファーム】6/3 ファイターズ対ジャイアンツ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM