サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

木村文紀が本塁打含む2安打3打点! 先発・松本航も5回2失点で埼玉西武が勝利

2021.3.9(火) 16:28 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・木村文紀選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・木村文紀選手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月9日、ナゴヤ球場で行われた中日と埼玉西武のオープン戦は、7対2で埼玉西武が勝利した。11安打7得点と打線がつながり、7日の試合に続いて連勝となった。

 打線は初回、先頭の金子侑司選手が安打で出塁すると、源田壮亮選手が四球、森友哉選手が安打と続く。この満塁の好機に栗山巧選手木村文紀選手に適時打が生まれ、3点を先制した。さらに4回表には1死から木村選手の1号ソロを皮切りに、打線がつながり4点を追加。中日の先発・勝野昌慶投手から大量リードを奪う。

 先発・松本航投手は、走者を背負う厳しいピッチングが続いた。2回裏に連打などでピンチを招き、加藤匠馬選手の適時打で1点を返されると、4回裏にも高橋周平選手の1号ソロを浴びる。しかしその2点にとどめ、5回8安打無四死球2失点でマウンドを降りた。

 5点リードの6回裏からは継投に入り、田村伊知郎投手、宮川哲投手吉川光夫投手と無失点でつなぐ。最終9回裏は佐野泰雄投手が登板し、3者凡退に抑えて7対2で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、木村選手が本塁打含む2安打3打点の活躍。金子選手、森選手、佐藤龍世選手もマルチ安打と打線がつながり、序盤から流れをつかんだ。先発の松本投手は5回8安打2失点。「西口コーチからは、しっかりゾーンで勝負してから狙うところを狙うように変えていこうとのアドバイスをいただき、そこを意識して投げました。ヒットは多く打たれてしまいましたが、出来ているところはあったので、そこはプラスかなと思います」と登板を振り返った。

  123456789 計
西 300400000 7
中 010100000 2

西 ○松本航-田村伊知郎-宮川哲-吉川光夫-佐野泰雄
中 ●勝野昌慶-橋本侑樹-鈴木博志-谷元圭介-藤嶋健人-木下雄介

文・丹羽海凪

関連リンク

3/9 ベイスターズ対ファイターズ結果
3/9 イーグルス対マリーンズ結果
3/9 バファローズ対スワローズ結果
3/9 ホークス対ジャイアンツ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM