今季を盛り上げた新モーメントを追加! 直筆サインが当たるキャンペーンも「パ・リーグ Exciting Moments β 」

パ・リーグ インサイト

2022.12.16(金) 12:00

埼玉西武ライオンズ・山川穂高選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・山川穂高選手(C)パーソル パ・リーグTV

 サービス開始1周年を迎えた「パ・リーグ Exciting Moments β 」では、オフシーズンでもパ・リーグを楽しめるよう、さまざまなコンテンツを用意。新着モーメンツから22シーズンを振り返るとともに、特別なプレゼントも当たるキャンペーンを紹介していく。

記念すべきタイトルホルダーをコレクション!

 まず紹介するのは「2022 Season Best Players [vol.1]」。こちらでは今季のタイトルホルダーを象徴する計12シーンをピックアップしている。

東北楽天:島内宏明選手(最多安打賞)★★★★

 東北楽天の島内宏明選手は今季、リーグ最多の161安打を放つ活躍。昨年の最多打点に続き、2年連続で打撃タイトルを獲得した。本塁打数こそリーグ10位の「14」本だが、相手に与えるインパクトは大きい。象徴的な一打は、9月26日の北海道日本ハム戦。2死2、3塁のチャンスでも大振りせず、センター前に弾き返すタイムリーで1点差に迫った。来季も「つなぎの4番」としてチームに貢献したい。

埼玉西武:山川穂高選手(最多本塁打賞)★★★★

 2位以下に圧倒的な差をつけて、本塁打王に輝いたのは山川穂高選手。山川選手は春先にケガで離脱するも、復帰後の5月にはリーグトップの9本塁打を放ち「大樹生命月間MVP賞」を受賞。この時点で山川選手がホームランを打った試合は全試合勝利するという、“不敗神話”も話題になった。シーズン最終盤、10月1日の福岡ソフトバンク戦では、延長11回裏にサヨナラ弾を記録。目の前での胴上げを阻止する主砲の意地を見せつけた。

 上記のほか、同ラインナップの販売ページはこちら

ファン投票で最もアツいシーンを選出!

 また、先日公式Twitterアカウントにて行われたファン投票キャンペーンで、各球団で最多投票を獲得した選手のモーメンツもラインナップに追加された。

北海道日本ハム:伊藤大海投手 ★★★

 北海道日本ハムからは、伊藤大海投手が選出。2年目の今季は26試合に登板し、昨季に並ぶ10勝をマークした。またシーズン終盤にはリリーフにも挑戦し、1ホールド1セーブを挙げている。今回選ばれたモーメンツは、自身初セーブを記録した9月26日の東北楽天戦。9回のマウンドに上がると、2奪三振を含む3者凡退で試合を締めた。いずれの役割を果たすにしても、新球場で迎える来季のチームをけん引する投手となるだろう。

千葉ロッテ:佐々木朗希投手 ★★★

 春先には数々の快挙を達成し、“令和の怪物”として日本中にその名を知らしめた佐々木朗希投手。7月1日の東北楽天戦では、2死1塁の場面で4番・島内選手を見逃し三振に打ち取り、この回のアウトをすべて三振で奪う。許した走者も振り逃げだったため、「1イニング4奪三振」という佐々木朗投手らしい珍記録も生まれた。今季はシーズン終盤にかけて調子が落ち込んでしまったが、来季は投手タイトルの獲得も狙いたい。

 上記のほか、同ラインナップの販売ページはこちら

「2022 パーソル クライマックスシリーズ パ」の熱戦を振り返る

 最後に紹介するのは「2022 パーソル CS パ」の熱戦を切り取ったコレクション。計17選手18シーンをラインナップに加えている。

オリックス:中川圭太選手 ★★★★

 26年ぶりの日本一に輝いたオリックス。日本シリーズ進出に王手をかけていたオリックスは、同点で迎えた9回裏、2死2、3塁のチャンスを迎える。ここで打席に立った中川圭太選手はモイネロ投手の変化球に対応し、打球をレフト前へ運んだ。4年目の今季は、安打数と本塁打数でキャリアハイの数字をマーク。飛躍のシーズンの最後に、価値ある一打を放った。主砲・吉田正尚選手が移籍して迎える来季、レギュラー定着を狙う。

福岡ソフトバンク:藤井皓哉投手 ★★

 惜しくもリーグ優勝を逃した福岡ソフトバンクだが、上位躍進した立役者の一人に藤井皓哉投手が挙げられる。広島から独立リーグを経てNPBに復帰した藤井投手は、今季の開幕前に支配下登録を受けた。安定感ある投球で勝利の方程式入りを果たし、ブルペンを支えた藤井投手はチーム2位の55試合に登板。防御率は1.12をマークした。「パーソル CS パ」でも終盤のリードしている局面でマウンドに上がり、3球三振を奪うなど見事な投球を披露した。

 上記のほか、同ラインナップの販売ページはこちら

販売ラインナップ概要

【販売期間】
2022年12月1日(木)〜12月22日(木)
※3つの特別ラインナップは、共にこの期間になります。
※レアリティは各モーメンツによって異なります。

「パ・リーグ Exciting Moments β 」サービス開始1周年記念キャンペーン

「パ・リーグ Exciting Moments β 」では、 サービス開始1周年を記念して「パ・リーグ Exciting Moments β サービス開始1周年記念キャンペーン」を実施中。お客さま登録(無料)いただき、フォームから必要事項を記入して応募した方の中から抽選で100名に選手直筆サイン入りグッズが当たるチャンス!ぜひ奮ってご参加ください。詳細はこちら

【応募方法】
①(未登録の方のみ)「パ・リーグ Exciting Moments β」のお客さま登録を行う(無料)
②キャンペーン応募フォームに必要事項を入力して送信する

【期間】
2022年12月1日(木)11:00 〜 12月31日(土)23:59

【対象者】
キャンペーン期間内に、上記①②の条件を全て満たした方。
※既にお客さま登録がお済みの方は、②のみでご応募いただけます。

文・小野寺穂高

関連リンク

ドラ1・蛭間拓哉が掲げた目標は。埼玉西武2022ドラフト新入団選手発表会
豪快な一発や、まさかの結末も…… 後半戦のサヨナラシーンを特集
努力が実を結ぶ。今季育成から支配下への昇格を果たしたリリーバー
オコエ瑠偉、大竹耕太郎らが移籍。現役ドラフトの仕組みを解説
ゴールデングラブ受賞選手のほかに票を集めたのは? パの外野手たちを紹介

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE