外野手の見せどころ! 2022シーズン外野手補殺ランキング

パ・リーグ インサイト

2022.11.8(火) 07:00

左から松本剛選手、高部瑛斗選手、西川遥輝選手、岡島豪郎選手、福田周平選手(C)パーソル パ・リーグTV
左から松本剛選手、高部瑛斗選手、西川遥輝選手、岡島豪郎選手、福田周平選手(C)パーソル パ・リーグTV

 送球は外野手の見せどころのひとつである。自慢の肩から繰り出される糸を引くような送球、針穴を通すような正確にコントロールされた送球などそのスタイルは多種多様。そこで今回は、今季の外野手補殺ランキング上位5名を動画とともに紹介する。

 補殺とは……守備の選手が送球などによって間接的に打者・走者をアウトにすること。外野手の場合、ホームへの送球でアウトにした際などに記録される。

4位(同率)福田周平 7個

 4位は7補殺を記録したオリックスの福田周平選手だ。福田選手は外野手転向2年目のシーズンながらも、内野手時代に培われたコンパクトなモーションと正確な送球で数多くのアウトを奪った。

4位(同率)松本剛 7個

 同じく4位となったのは北海道日本ハム・松本剛選手。今季は首位打者を獲得するなど攻撃面での活躍が目立ったが、守備面でも存在感を見せた。強肩もさることながら、素早く捕球体勢に入ることで強く正確な送球へとつなげ、7補殺をマークしている。

3位 岡島豪郎 8個

 東北楽天・岡島豪郎選手は今季53試合の出場にとどまったが、3位の8補殺を記録した。キャッチャーの経験もあり、強肩から繰り出される力強い送球が魅力。これまでも数多くのピンチを救ってきた。

2位 高部瑛斗 9個

 9補殺の2位は千葉ロッテ・高部瑛斗選手だ。今季はレギュラーに定着し盗塁王に輝くなど、攻守にわたりチームに貢献。自慢の快足を飛ばして助走をつけ、その勢いを生かした矢のような送球でアウトにしてきた。

1位 西川遥輝 10個

 1位は10補殺で東北楽天の西川遥輝選手。岡島選手のように強肩というわけではないが、正確なコントロールが魅力だ。どんな捕球体勢からでもタッチしやすいボールを送り、ピンチの芽を摘んできた。

関連リンク

宮崎牛に合う焼肉のたれを開発!?「BsCLUB」担当者にインタビュー
秋の頂上決戦! 社会人野球日本選手権大会に行ってみた!
両打席本塁打からデッドボール……杉谷拳士が残した“名場面”
草創期から日本一まで、杜の都を支えた司令塔。嶋基宏の活躍を振り返る
【プロ野球チアになろう#5】ファイターズガール編

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE