小深田大翔が猛打賞の活躍も、投打がかみ合わず楽天が敗戦。則本昂大は6回4失点

2021.6.9(水) 21:43 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・小深田大翔選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・小深田大翔選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月9日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と中日の「日本生命セ・パ交流戦 2021」第2回戦は、3対7で楽天が敗戦。連勝は「6」でストップした。

 楽天は3回表に2点の先制を許すも、直後の3回裏に1番・小深田大翔選手の二塁打や敵失などで1死1、3塁の好機を得ると、3番・浅村栄斗選手の適時打で1点を返す。なおも2死1、3塁の好機で敵失に3塁走者が生還し、試合を振り出しに戻した。

 先発・則本昂大投手は、3回表に3番・高橋周平選手の3号2ランで先制を許すと、同点に追い付いてもらった直後の4回表には6番・木下拓哉選手の適時打で勝ち越されるなど、粘りきれず6回9安打4失点で降板。7回表は2番手・ブセニッツ投手が登板するも、高橋周選手、4番・ビシエド選手の連続適時打で2点を失い、リードを4点に広げられる。

 打線は中日の先発・小笠原慎之介投手をなかなか攻略できず、4回裏には1死満塁であと一本が出ないなど、苦しい展開が続く。8回裏に小深田選手の適時打で1点を返すも、9回表に高田萌生投手が、高橋周平選手に今試合2本目となる4号ソロを被弾。4点ビハインドで迎えた9回裏は、走者を出しながらも得点できず、試合終了。3対7で敗れた楽天は、則本投手が6回9安打1四球4失点と振るわず、打線も好機をものにできなかった。

  123456789 計
中 002110201 7
楽 002000010 3

中 ○小笠原慎之介-福敬登-祖父江大輔-橋本侑樹-谷元圭介-又吉克樹
楽 ●則本昂大-ブセニッツ-森原康平-高田萌生

文・後藤万結子

関連リンク

6/9 ライオンズ対ベイスターズ結果
6/9 バファローズ対ジャイアンツ結果
6/9 ホークス対カープ結果
6/9 マリーンズ対スワローズ結果
6/9 ファイターズ対タイガース結果
【ファーム】6/9 イーグルス対ファイターズ結果
【ファーム】6/9 ライオンズ対スワローズ結果
【ファーム】6/9 ホークス対ドラゴンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM