岡島豪郎に決勝打が生まれた楽天が勝利! 好リリーフの酒居知史は今季初白星をマーク

2021.5.30(日) 16:36 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・岡島豪郎選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・岡島豪郎選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月30日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と横浜DeNAの「日本生命セ・パ交流戦 2021」第3回戦は、5対1で楽天が勝利した。

 パ・リーグトップの6勝をマークしている楽天の先発・早川隆久投手は、序盤は走者を許しながらも無失点に抑える立ち上がり。3回表は2三振を奪い3者凡退と、安定感のある投球で打線の援護を待つ。すると打線は3回裏、横浜DeNAの先発・今永昇太投手に対し、辰己涼介選手の二塁打を皮切りに1死3塁の好機をつくると、浅村栄斗選手が犠飛を放ち先制に成功する。

 しかし先制した直後の4回表、早川投手は2死2塁のピンチを招いて宮崎敏郎選手に適時打を浴び、試合は振り出しに。一方の打線は4回裏、5回裏とともに3塁に走者を進めるも、得点には結び付かず試合は同点のまま後半へ入る。

 早川投手は6回表、四球から1死2塁のピンチを招いたところで降板。5.1回84球5安打5奪三振1四球1失点の投球内容に「全体的にまずまずだったと思います。ランナーを出してもゲッツーを取れたところは良かったです。6回は投げ切りたかったですね」と、悔しさをにじませた。

 後を継いだ安樂智大投手は安打を浴びながらも、なんとか無失点で切り抜ける。7回表は酒居知史投手が3者凡退に抑える堂々たるピッチング。盤石の投手リレーで相手に流れを渡さない。

 打線は直後の7回裏、2番手の石田健大投手から安打と四球などで2死2、3塁のチャンスをつくり、打席には岡島豪郎選手。5月の月間打率を.398に乗せた頼れる男は「打ったのはフォーク。打てて良かったです」と、ライト線を破る適時三塁打を放ち、楽天が勝ち越しに成功する。打線は8回裏にも浅村選手が試合を決定づける2点適時二塁打を放ち、最終回は守護神の松井裕樹投手が無失点で締め、5対1で試合終了。
 
 勝利した楽天は終盤に打線がつながり、カード対戦成績を1勝1敗1分と五分とした。先発の早川投手は白星こそ付かなかったものの、6回途中1失点と安定感を発揮した。打線も中盤から好機が得点に結び付かなかったが、7回裏についに結実。7回表を3者凡退に抑えた酒居知史投手が今季初勝利をマークしている。

  123456789 計
デ 000100000 1
楽 00100022X 5

デ 今永昇太-●石田健大-三上朋也-シャッケルフォード
楽 早川隆久-安樂智大-○酒居知史-宋家豪-松井裕樹

文・小野寺穂高

関連リンク

5/30 ライオンズ対タイガース結果
5/30 バファローズ対スワローズ結果
5/30 ファイターズ対ドラゴンズ結果
5/30 マリーンズ対カープ結果
5/30 ホークス対ジャイアンツ結果
【ファーム】5/30 マリーンズ対スワローズ結果
【ファーム】5/30 ホークス対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM