サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

周東佑京が勝ち越し2ラン! 中継ぎ陣が無失点リレーを見せた鷹が巨人に勝利

2021.3.9(火) 20:51 パ・リーグ インサイト
3/9 ホークス対ジャイアンツ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV
3/9 ホークス対ジャイアンツ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月9日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと巨人のオープン戦は、5対3で福岡ソフトバンクが勝利。周東佑京選手に1号2ランが生まれ、7日に続き連勝となった。

 福岡ソフトバンクの先発は杉山一樹投手。2回表に安打と2四球で1死満塁のピンチを招くと、不運な内野安打が重なり3失点を喫す。3回以降は走者を出しながらも要所を締め、4回5安打4四死球3失点の内容でマウンドを降りた。

 打線は1回裏、相手投手の失策が重なり1点を先制すると、逆転を許した直後の2回裏には1死2、3塁の場面で周東佑京選手に犠飛が生まれ1点を追加。4回裏には無死1、3塁から甲斐拓也選手の併殺打の間に走者が帰還し、3対3の同点に追い付く。

 同点で折り返した今試合、再び動きを見せたのは6回裏。福岡ソフトバンクは9番・甲斐選手が四球を選び1死1塁とすると、レギュラー定着を狙う1番・周東選手にオープン戦1号となる勝ち越し2ランが飛び出し、5対3と勝ち越しに成功した。

 後を受けた中継ぎ陣は、5回から3イニングを笠谷俊介投手、8回表を嘉弥真新也投手、9回表を森唯斗投手がそれぞれ無失点でつなぎ、試合終了。勝利した福岡ソフトバンクは先発・杉山投手が4回5安打4四死球3失点。「今日は真っ直ぐでカウント整えて、カットボールで勝負するというテーマで試合に臨みました。反省点としては、カウントを悪くしてから腕を振って投げれず、合わせてしまい、リズムが悪くなり失点につながってしまいました」と振り返った。一方打線は松田宣浩選手、今宮健太選手がマルチ安打を記録するなど、チーム8安打5得点で接戦を制した。

  123456789 計
巨 030000000 3
ソ 11010200X 5

巨 ●サンチェス-平内龍太-野上亮磨
ソ 杉山一樹-○笠谷俊介-嘉弥真新也-S森唯斗

文・北嶋楓香

関連リンク

3/9 ベイスターズ対ファイターズ結果
3/9 イーグルス対マリーンズ結果
3/9 ドラゴンズ対ライオンズ結果
3/9 バファローズ対スワローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM