• パ・リーグ トップ
  • ニュース
  • 森友哉、山川穂高ら強力打線がまさかの不調も…… ベテランの活躍と若手の台頭に光【埼玉西武ライオンズ2020:野手編】

森友哉、山川穂高ら強力打線がまさかの不調も…… ベテランの活躍と若手の台頭に光【埼玉西武ライオンズ2020:野手編】

2020.12.30(水) 11:59 パ・リーグ インサイト 吉田貴
埼玉西武 シーズンレビュー2020 vol.1(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武 シーズンレビュー2020 vol.1(C)パーソル パ・リーグTV

 今季は、秋山翔吾選手がメジャー挑戦のために渡米した影響が何よりも大きかった。2019年シーズンは、浅村栄斗選手の移籍がありながら圧倒的な攻撃力を維持した打線だったが、今季は多くの選手が苦しんだ。昨季はリーグトップの.265を記録したチーム打率も、今季は同.238でリーグ5位と低迷。絶対的なリードオフマンの移籍は、チームに予想以上の試練を与えたと言えよう。埼玉西武ライオンズのシーズンレビュー後編は、打者に注目して2020シーズンを振り返っていく。

【ライオンズシーズンレビュー2020:投手編】はこちら

「獅子おどし打線」の象徴が悔しいシーズンに

 試練のシーズンとなったのは森友哉選手と山川穂高選手の2人だろう。昨季はともに主軸、主砲としてチームをけん引。中軸としての期待が一段と高まった今季だったが、ともに打撃不振に苦しむシーズンとなってしまった。

 今季から選手会長に就任した森選手は、104試合で9本塁打、打率.251を記録。パ・リーグの他球団でチーム最多出場の捕手と比較すると出色の成績であることは間違いないが、首位打者を獲得した昨季からは大きく成績を落とす形となってしまった。ただ、守備面では、女房役として安定感抜群だった救援陣をリードし、福岡ソフトバンク・周東佑京選手の盗塁を阻止するなど盗塁阻止率3割台と成長も見せた。来季は本来の天才的なバットコントロールを取り戻し、攻守ともにチームの要としての活躍に期待したい。

 山川選手は今季から新背番号「3」を背負うシーズンとなった。打率向上を目標に、打撃フォームをかつての豪快なものからコンパクトなものに改造。開幕直後の6月は、10試合で打率.290、5本塁打と快調なスタートを切った。ただ、以降は徐々に成績が下降し、8月9日の試合で空振りをした際に足首を痛め、以降はこの故障を抱えての出場が続いた。

 そんな中でも忘れられないのは8月27日の北海道日本ハム戦でのサヨナラ打だろう。5連敗で迎えた9回裏の逆転打は、多くのファンの感動を呼ぶとともに、不調のチームに責任を感じていた森選手を救った。24本塁打ながら、打率.205とシーズンでは低迷してしまったが、あの一打は間違いなく主砲の一振り。万全の状態を取り戻し、来季こそ埼玉西武の強打者の象徴「3」を背負って打線をけん引してくれるはずだ。

任された場所で結果を残し続ける。窮地の打線に芯を通した栗山巧という男

 今季の埼玉西武打線の核となったのは栗山巧選手だ。プロ19年目となった今季は開幕から好調を維持。111試合で自己最多タイの12本塁打を放ち、打率はチームトップの.272を記録した。持ち味の冷静な選球眼と、ショートの頭上を越えるお手本のような流し打ちはもちろん、時には長距離砲顔負けの美しいアーチも描いた。不振に苦しむ選手が多かったからこそ、チームを鼓舞しつづける栗山選手はまさに「屋台骨」のような存在だった。

 開幕直後は6番、7番を任されるのが主だったが、主軸の不調が深刻化すると、それをカバーするように5番、3番と打順を上げた。そして、9月1日の試合では4年ぶりとなるかつての定位置「2番」に座り先制打を放つ活躍を見せ、さらに同18日からは「4番」を務める機会も増えた。得点圏打率はリーグ6位の.330と、どんな打順でも期待に応えた。

 球団最多安打を更新し続ける栗山選手は、7月26日の試合で史上45人目となる通算350二塁打を達成。今季は101安打を放ち、通算2000本安打まで残されたカウントダウンは「74」となった。プロ20年目の大台到達となる来季に、球団生え抜き選手初の快挙達成となるか。

新キャプテンの「たまらん」守備は今季もファンを魅了

 源田壮亮選手はプロ4年目ながらも今季から新キャプテンに任命された。リーダーとしての重圧がかかる中でも全120試合に出場。持ち味の鉄壁の守備は健在だった。また、打撃では特に9月の月間打率.364と好調だったこともあり、シーズンでも打率.270を記録。入団から4年連続でシーズン打率.270以上を維持した。

「たまらん」好守は枚挙にいとまがない。そのため、ここではエース・高橋光成投手を救うファインプレーに注目したい。9月8日の試合では三遊間の深い位置の打球を見事に処理し、ノーヒットノーラン継続を後押し。さらに同15日の試合では、高橋投手が弾いた打球に対して、グラブで捕球した後では間に合わないと瞬時に判断。素手でキャッチして一塁へ送球する「ベアハンド」でアウトにした。もちろん高橋投手以外にも、数多くの投手を救っている。来季も数々の美技に期待が膨らむばかりだ。

外崎修汰は打撃こそ不調も「爆走」を見せた

 外崎修汰選手は源田選手と並んで全120試合に出場。打撃では打率.247と昨年から成績を落としてしまったものの、今季は足での活躍が目立った。10月13日の試合では通算100盗塁の大台に到達し、チームトップの21盗塁を記録。また、盗塁だけでなく、10月21日の試合では山野辺翔選手の安打で二塁から一気に本塁にヘッドスライディングで生還し、サヨナラ勝利に貢献するなど、走塁全体で優れた能力を発揮した。守備では源田選手との抜群のコンビネーションで、鉄壁の二遊間を形成。打撃でこそ調子を落としたものの、苦しい状況のチームを支える活躍だった。

 新助っ人・スパンジェンバーグ選手は大きなインパクトを残した。オープン戦は打率.174と不安を抱えていたが、その後の練習試合では打率.500と打撃爆発。開幕後も6月23日の試合で来日1号を満塁弾アーチで決めるなど、印象的な活躍を見せた。リーグ最多の150三振と粗さも目立ったが、チームメイトの栗山選手のアドバイスもあり、打率はチーム3位の.268と一定の水準は保った。また、リーグトップの8三塁打など足を生かした長打も目立ち、OPSは山川選手を僅差で上回るリーグ9位の.807を記録した。来季もホームベース寄りに体を大きく倒す特徴的なフルスイングから放たれる、インパクト十分の打球に期待したい。

 新助っ人加入の刺激を受け、来日7年目のメヒア選手も3年ぶりの2桁到達となる11本のアーチを記録。シーズン通算では打率.207だったものの、楽天に対しては対戦打率.298と「キラー」ぶりを発揮した。

“獅子の牙” 中村剛也はまさかの不振も、19年間の活躍を裏付ける記録づくめのシーズンに

 中村剛也選手は打率.213、9本塁打と苦しいシーズンとなった。ただ、7月16日の試合で通算300二塁打、8月26日の試合で通算1500安打を達成。さらに、10月24日の福岡ソフトバンク戦では自身の日本記録を更新する21本目の満塁本塁打を放つなど、記録づくしのシーズンだった。今季は同期の栗山選手が気を吐いただけに、来季は「骨と牙」での活躍が見たいところだ。

流動的なスタメンの中で出場機会をつかんだ選手も

 リーグ2連覇を果たした2018年、2019年は、スタメンを固定して臨む試合が多かったが、今季は打線の組み替えを余儀なくされたシーズンだった。ただ、その分多くの若獅子たちが出場機会を得たシーズンと言えよう。最後に、来季の活躍が期待される選手について取り上げたい。

 4年目・鈴木将平選手はプロ初の開幕一軍に名を連ねると、金子侑司選手が離脱していた期間には1番も務め、一時は打率3割を維持。センターの守備ではかつて秋山選手が見せたようなスーパーキャッチも披露した。しかし、9月の試合で守備の際に足を故障して悔しい登録抹消。その後は一軍昇格とはならなかった。プロ5年目の来季は、同学年の選手たちが大卒ルーキーとして入団してくる。今季は不完全燃焼に終わってしまった分、来季こそは真の飛躍を見せたい。

 外野手はまさに激戦区だ。鈴木選手の他にも、一軍12試合で2本塁打を放った高木渉選手や、シーズン終盤に3試合連続打点を記録して覚醒の時が待たれる愛斗選手、そして非凡なバットコントロールでプロ初安打を記録した西川愛也選手など、可能性に満ちた若手がそろう。首脳陣の目を引く活躍を見せ、金子侑司選手や木村文紀選手といった実績十分の外野陣に割って入る存在は出てくるか。

 一方、内野手ではファームの選手にまず注目したい。山田遥楓選手は、一軍では8試合の出場にとどまったものの、ファームでは62試合に出場して規定打席に到達。7本塁打を放ち、打率.288とチームトップの成績を残した。持ち前の明るい性格はチームを一気に勢いに乗せることができる。来季の打線復調に向けて、文字通り「起爆剤」となってもらいたい選手だ。

 この他にも山野辺翔選手や、呉念庭選手といった、今季一軍で50試合以上に出場した選手にはもちろん期待がかかる。近年はハイレベルな選手たちで固定されていた埼玉西武の内野陣だが、新たな風を吹かせる選手は台頭するのか、注目だ。

生まれ変わったメットライフドームで再び打線爆発を

 繰り返し触れてきたように、今季の埼玉西武打線は代名詞の「獅子おどし打線」から遠ざかる、悔しいシーズンとなってしまった。だた、今季は投手陣、特に中継ぎ陣では平良海馬投手や森脇亮介投手らが台頭。「守り勝つ野球」で2位争いに食い込み、最終的に3位とAクラスでシーズンを終えることができたのは大きな収穫と言えよう。となれば、あとは打線の復活だけだ。

 王座奪還に向けては「獅子おどし打線」を担ってきた選手の復調はもちろんのことながら、新たな形の打線を模索することも不可欠。来季は本拠地・メットライフドームも2017年12月から行われてきた大規模改修工事を終える。新たに生まれ変わった本拠地で躍動する、新しい埼玉西武打線の姿に期待したい。

文・吉田貴

☆「パーソル パ・リーグTV」特集動画「埼玉西武 シーズンレビュー2020」はこちらから!
【vol.1】 【vol.2】
【vol.3】 【vol.4】

関連リンク

ホークスシーズンレビュー2020
マリーンズシーズンレビュー2020
イーグルスシーズンレビュー2020
ファイターズシーズンレビュー2020
バファローズシーズンレビュー2020

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM

  • パ・リーグ トップ
  • ニュース
  • 森友哉、山川穂高ら強力打線がまさかの不調も…… ベテランの活躍と若手の台頭に光【埼玉西武ライオンズ2020:野手編】