「去年からずっと悔しい思いをしてやってきた」吉田正尚、杉本裕太郎 日本一共同記者会見全文

パ・リーグ インサイト

2022.10.31(月) 01:10

 10月30日、「SMBC日本シリーズ2022」を制し、1996年以来5度目、26年ぶりの日本一に輝いたオリックス・バファローズ。試合後には記者会見が行われ、中嶋聡監督、吉田正尚選手、杉本裕太郎選手、山本由伸投手、宮城大弥投手が出席した。

 以下、共同記者会見での吉田正選手、杉本選手のコメント全文。

吉田正尚「連覇、日本一が無事達成できて一安心」

――日本一になった今の気持ち

「非常にホッとしていますし、疲れがどっときたというか、1年が終わったなと実感しています」


――優勝を分けるポイントとなった試合は

「あまりパッと出てこないですね」


――雰囲気が変わったのは第5戦の2本塁打だと思いますが

「いいところで打てましたし、チームの勝利に貢献する、自分のベストを尽くす、やれることを精一杯やるというところで、いい結果につながってうれしかったです」


――今季のオリックスの強さは

「個人個人がやるべきことをしっかりやって、準備して試合に臨んでいたことがいい成績につながったと思いますし、選手内で切磋琢磨したこともあると思います。去年も優勝して自身も付けて、前半は苦しかったですけど、乗り越えて1試合ずつ強くなってきたのかなと思います」


――ファンに日本一の報告を

「去年同じ相手に負けて悔しい思いをしましたし、連覇、日本一というところを目指してチームとしても今年スタートしましたので、それが無事達成できて一安心です。いい1年になりました。ありがとうございました」

杉本裕太郎「苦しみながらも自分が強くなるチャンスやと思って」

――日本一になった今の気持ちは

「去年ほっともっとフィールド神戸でやられてからずっと悔しい思いをしてやってきたので、きょう日本一になれてうれしいです」


――MVPを獲得

「パーソル CS パで取る気満々だったんですけど、正尚と由伸に取られてしまったので、日本シリーズでは取れるようにがんばりますと言ったんですけど、ほんまにいただけて自分でもびっくりしています」


――2本のタイムリーを放ち、今日もきっかけを生んだ

「みんながつないでくれたチャンスだったので、結果エラーにはなりましたけど、点が入って良かったなと思いました」


――7試合フルで戦った日本シリーズを振り返って

「去年同様、東京ヤクルトさんのバッテリーには苦しめられましたし、でも苦しみながらも自分が強くなるチャンスやと思って、毎打席臨んでたので、課題がたくさん出た日本シリーズでしたけど、その課題を克服してまた来年勝てるようにしたいです」


――ファンに日本一の報告を

「去年のリベンジをすることができました。レギュラーシーズンは僕がうまくいかないことが多かったんですけど、それでも温かい声援を送っていただき、すごいうれしかったです。来年もうまくいかない時もあるかもしれないですけど、また暖かく見守ってください。よろしくお願いします」

――杉本裕太郎選手、日本シリーズを振り返って一言

「我が日本シリーズに一片の悔い無し!!」

関連リンク

中嶋聡監督日本一共同記者会見全文
山本由伸、宮城大弥 日本一共同記者会見全文
オリックスが「SMBC日本シリーズ2022」制覇! 4連勝で26年ぶり日本一
【日本S 第7戦】オリックスが4連勝で「SMBC日本シリーズ2022」を制す。宮城大弥はシリーズ初勝利
太田椋の初回先頭打者本塁打でオリックスが先制に成功! 初球弾はシリーズ史上初

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE