オリックスが4連勝で「SMBC日本シリーズ2022」を制す。宮城大弥はシリーズ初勝利

パ・リーグ インサイト

2022.10.30(日) 21:50

オリックス・バファローズ・宮城大弥投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・宮城大弥投手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月30日、神宮球場で行われた東京ヤクルトとオリックスの「SMBC日本シリーズ2022」第7回戦は、5対4でオリックスが勝利。4連勝で26年ぶり5度目の日本一に輝いた。

 オリックスは初回、「なんとかいい流れを持って来れるように」と太田椋選手がシリーズ史上初となる初回先頭打者初球弾を放ち、先制に成功。投げては、宮城大弥投手が4回裏まで東京ヤクルト打線を2安打に抑える好投を展開する。

 追加点が欲しい打線は5回表、小技も絡め2死満塁の好機をつくると吉田正尚選手の押し出し死球で1点を追加。続く杉本裕太郎選手の飛球が誘った敵失で3走者が生還し、この回までに大量5点のリードを奪った。

 6回裏からは盤石の中継ぎ陣へ。まずは宇田川優希投手が2イニングを投げ3奪三振無失点でつなぐ。ところが8回裏、3番手の山崎颯一郎投手が1死から村上宗隆選手に適時打を許すと、なおも走者を2人抱えオスナ選手に3ランを浴び、スコアは5対4とリードはわずか1点に。

 球場が騒然とするなか、ここで後を継いだ比嘉幹貴投手は2者を冷静に抑え、東京ヤクルトの勢いを断ち切る。最終9回裏はワゲスパック投手がマウンドに。2死から空振り三振を奪うと、歓声とともに喜びの輪が生まれた。

 先発の宮城大弥投手は、5回73球3安打1四球5奪三振無失点で日本シリーズ初勝利をマーク。「落ち着いて投げることが出来た」と、中4日で迎えた大一番で持ち味のピッチングを披露した。初回に先頭打者弾をマークした太田選手は2安打でシリーズ打率.400。伏見寅威選手は3安打を放ち、勝利に貢献した。

  123456789 計
オ 100040000 5
ヤ 000000040 4

オ ○宮城大弥-宇田川優希-山崎颯一郎-比嘉幹貴-Sワゲスパック
ヤ ●サイスニード-大西広樹-田口麗斗-石山泰稚-清水昇

文・小野寺穂高

関連リンク

試合詳細
宮城大弥 選手名鑑
太田椋 成績/動画
太田椋の初回先頭打者本塁打でオリックスが先制に成功! 初球弾はシリーズ史上初
「BsGirls」担当者インタビュー

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE