「日本一という形でファンのみなさんに恩返し」山本由伸、宮城大弥 日本一共同記者会見全文

パ・リーグ インサイト

 10月30日、「SMBC日本シリーズ2022」を制し、1996年以来5度目、26年ぶりの日本一に輝いたオリックス・バファローズ。試合後には記者会見が行われ、中嶋聡監督、吉田正尚選手、杉本裕太郎選手、山本由伸投手、宮城大弥投手が出席した。

 以下、共同記者会見での山本投手、宮城投手のコメント全文。

山本由伸「​​チームメイトのおかげで日本一になれた」

――日本一になった今の気持ち

「去年悔しい思いをしたところから始まったので、とても喜びが大きいです」


――2年続けての日本シリーズ。どのような舞台だったか

「去年のリベンジができる舞台までこれたので、とにかく日本一に向かってチーム一丸で戦えたと思います」


――頼もしい仲間とともに、日本一になれた

「この日本シリーズ、チームの力には全くなれなかったんですけど、チームメイトのおかげで日本一になれたので、心から感謝しています」


――他の投手や、今隣りにいる宮城投手に言葉をかけたりはしたか

「してません(笑)」


――宮城投手が頼もしいピッチングを見せてくれた

「応援しかできなかったので、とにかく心から応援していました」


――脇腹の具合は

「いい感じです」


――ファンに日本一の報告を

「今年も1年間応援ありがとうございました。日本一という形でファンのみなさんに恩返しすることができて、すごく喜びを感じます。またみなさんに喜んでいただけるように、全力で投げたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」

宮城大弥「すごく先輩方に感謝するシーズン」

――日本一になった今の気持ち

「第3戦のやり返しができて、すごくうれしく思います」

――プロでは初めてという中4日、しかも神宮球場でのマウンドとなりました。どういう思いでマウンドに上がりましたか

「あまり考えずに、一人ひとりに向かって一生懸命投げることを考えながらできたので、良い結果につながってよかったです」


――クリーンナップをすべて抑えていますが、このあたりは計算通りでしょうか

「まぐれだと思います」


――実際はかなり計算をして組み立てていたのでは、と素人目にはみていましたが

「すべて寅威さん(伏見寅威選手)のおかげです」


――最後の瞬間は、ベンチのどのあたりで見ていましたか

「ベンチの最前線の方で強く願っていました」


――日本一が決まった瞬間、飛び出した瞬間の思いというのは

「最高の舞台で投げさせてもらっていることを感謝したいですし、その場面に居られてすごくうれしく思いました」


――打の方ではバントヒットもあり、大量得点につながりました

「特に意識はしてなかったですけど、良いところに転がってくれたので良かったです」


――山本投手には宮城投手には声をかけていないと伺いましたが

「プレッシャーが無くてよかったです」


――この1年を振り返って

「あんまり良い形ではなかったんですけど、先輩方に助けてもらいましたし、すごく先輩方に感謝するシーズンだなと思います」


――ファンに日本一の報告を

「去年の悔しい思いを今年しっかりやり返すことができました。また来年もがんばりますので、応援よろしくお願いします」

――宮城大弥投手、日本一の味はどんな味?

「すごく甘い味がします。ありがとうございます」

関連リンク

中嶋聡監督日本一共同記者会見全文
吉田正尚、杉本裕太郎 日本一共同記者会見全文
オリックスが「SMBC日本シリーズ2022」制覇! 4連勝で26年ぶり日本一
【日本S 第7戦】オリックスが4連勝で「SMBC日本シリーズ2022」を制す。宮城大弥はシリーズ初勝利
太田椋の初回先頭打者本塁打でオリックスが先制に成功! 初球弾はシリーズ史上初

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE