サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

【ファーム】リリーフ陣が踏ん張れず千葉ロッテが逆転負け。藤原恭大は3安打1打点の活躍

2021.5.29(土) 17:00 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・藤原恭大選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・藤原恭大選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月29日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦、第5回戦は3対7で千葉ロッテが敗れた。

 千葉ロッテは初回、東京ヤクルトの先発・原樹理投手を攻め立てる。1番・平沢大河選手が右安打で出塁、守備の乱れと進塁打で2死3塁の好機を得ると、4番・藤原恭大選手の適時打で先制。その後藤原選手が盗塁を決めると、続く5番・高濱卓也選手が左中間を割る二塁打を放ち、2塁走者が生還。4回裏にも6番・菅野剛士選手の犠飛で1点を追加し、3点のリードを得た。

 援護を受けた先発の森遼太朗投手は、4回まで走者を出しながらも、直球を軸とした投球で無失点に。5回表に9番・松本直樹選手の2号2ランで2点を返されたが、5回4安打1四球4奪三振3失点と試合を作り、リリーフ陣にマウンドを託した。

 継投に入った千葉ロッテは、6回表を成田翔投手が無失点に。しかし7回表、東條大樹投手が2安打と死球で1死満塁のピンチを招くと、押し出し四球で試合は振り出しに。なおも1死満塁とピンチは続いたが、ここは代わった山本大貴投手が後続を難なく抑え、勝ち越しは許さなかった。

 8回表は土居豪人投手が登板したが、先頭の二塁打でピンチを招くと、雄平選手の内野安打に守備の乱れが重なって勝ち越しを許し、続く中山翔太選手に適時打を浴びて2失点。9回表にも原嵩投手が奥村展征選手と並木秀尊選手に適時打を許すと、4点を追う9回裏は無得点に終わり、3対7で試合終了。

 敗れた千葉ロッテは、森投手が5回2失点と試合を作ったものの、リリーフ陣が踏ん張ることができず。打線は藤原選手が3安打1打点の活躍を見せるなど計10安打を放ったが、好機であと一本が出ず3得点に終わった。

  123456789 計
ヤ 000020122 7
ロ 200100000 3

ヤ 原樹理-○寺島成輝-中尾輝-小澤怜史
ロ 森遼太朗-成田翔-東條大樹-山本大貴-●土居豪人-原嵩 

文・巴寛道

「パーソル パ・リーグTV」無料視聴キャンペーン実施中!この週末はパ主催の交流戦全試合が見放題!

関連リンク

「パーソル パ・リーグTV」無料視聴キャンペーン実施中!この週末はパ主催の交流戦全試合が見放題!
5/29 ファイターズ対ドラゴンズ結果
5/29 イーグルス対ベイスターズ結果
5/29 マリーンズ対カープ結果
5/29 バファローズ対スワローズ結果
5/29 ホークス対ジャイアンツ結果
5/29 ライオンズ対タイガース結果
【ファーム】5/29 ホークス対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM