【ファーム】復帰登板の甲斐野央が3者連続三振! 投打がかみ合った鷹が連勝

2021.5.29(土) 17:01 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・甲斐野央投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・甲斐野央投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月29日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと広島のウエスタン・リーグ公式戦、第11回戦は8対1で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは初回、2死から3番・増田珠選手が安打で出塁すると、後続が2四球を選び満塁の好機をつくる。ここで打席に入った6番・谷川原健太選手が走者一掃の適時二塁打を放つと、続く佐藤直樹選手が内野安打で出塁、2死1、3塁からダブルスチールを成功させ、さらに1点を追加。その後、9番・野村大樹選手にも2点適時打が生まれ、初回に6得点を挙げると、2回表にも谷川原選手の適時打で追加点を奪い、7対0と序盤から主導権を握った。

 一方の投手陣は、先発・高橋礼投手が2回36球1安打4奪三振無四死球無失点の好投を披露。3回表からは田中正義投手が登板したが、3四死球で1死満塁のピンチを招き、犠飛で1点を失う。続く4回表にもピンチを招いたが、ここは無失点で抑え、2回1安打4四死球2奪三振1失点の内容で降板した。

 5回表には甲斐野央投手がファーム公式戦今季初登板。150km/h後半の直球とフォークを駆使し、3者連続三振を奪う圧巻の投球を披露した。以降は6回表から2イニングを奥村政稔投手、8回表を渡邉雄大投手が無失点でつなぎ、9回表を椎野新投手が3者凡退で締めて試合終了。7回裏にも九鬼隆平選手の適時打で1点を追加した福岡ソフトバンクが、8対1で快勝した。

 打線は谷川原選手が3安打4打点の活躍を見せるなど、計10安打8得点の猛攻。大量援護をもらった投手陣も広島を2安打1得点に抑え、カード勝ち越しを決めた。

  123456789 計
広 001000000 1
ソ 61000010X 8

広 ●岡田明丈-今村猛-一岡竜司-島内颯太郎
ソ 高橋礼-田中正義-甲斐野央-○奥村政稔-渡邉雄大-椎野新

文・巴寛道

「パーソル パ・リーグTV」無料視聴キャンペーン実施中!この週末はパ主催の交流戦全試合が見放題!

関連リンク

「パーソル パ・リーグTV」無料視聴キャンペーン実施中!この週末はパ主催の交流戦全試合が見放題!
5/29 ファイターズ対ドラゴンズ結果
5/29 イーグルス対ベイスターズ結果
5/29 マリーンズ対カープ結果
5/29 バファローズ対スワローズ結果
5/29 ホークス対ジャイアンツ結果
5/29 ライオンズ対タイガース結果
【ファーム】5/29 マリーンズ対スワローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM