【ファーム】大竹耕太郎が5回0封! 釜元豪は3打点の活躍で福岡ソフトバンクが快勝

2021.5.25(火) 16:04 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・大竹耕太郎投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・大竹耕太郎投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月25日、タマスタ筑後で行われた福岡ソフトバンクと阪神の第10回戦は、6対0で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクの先発は一軍再昇格を狙う大竹耕太郎投手。初回から満塁のピンチを招く立ち上がりとなったが、2回以降は安定した投球を披露する。援護したい打線だったが、2回裏と3回裏につくった先制のチャンスを立て続けに逃し、無得点に終わった。

 それでも福岡ソフトバンクは4回裏、連打と敵失策で無死満塁とすると、8番・釜元豪選手に走者一掃の適時三塁打が生まれ先制に成功。なおも無死3塁から9番・勝連大稀選手の犠飛で手堅く1点を追加し、この回4点を奪う。

 さらに5回裏、先頭の4番・リチャード選手が二塁打で出塁し暴投の間に3塁に進むと、5番・柳町達選手の適時打で1点を追加。四球と安打でつくった2死満塁のチャンスでは、1番・三森大貴選手が四球を選び、押し出しで6対0とリードを広げた。
 
 先発した大竹投手は、5回3安打1死球3奪三振無失点の内容でマウンドを降りた。後を受けた高橋礼投手は2イニングを完璧に封じ、8回表は川原弘之投手が3者凡退で抑える力投。9回表は渡邉雄大投手が無失点に抑え、6対0で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは12安打の猛攻で2連勝を飾った。許した安打は初回の3本のみと、登板した4投手が完璧な投球で0封リレーを完成。打っては柳町選手が3安打、谷川原健太選手と勝連大稀選手が2安打を記録した。

  123456789 計
神 000000000 0
ソ 00042000X 6

神 ●小川一平-石井将希-鈴木翔太-小野泰己-加治屋蓮
ソ ○大竹耕太郎-高橋礼-川原弘之-渡邉雄大 

文・岡絃哉

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【ファーム】5/25 イーグルス対ベイスターズ結果
【ファーム】5/25 ライオンズ対マリーンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM