【ファーム】内海哲也が5回無失点の好投。高木渉も2戦連続弾の埼玉西武が勝利

2021.5.25(火) 16:11 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・内海哲也投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・内海哲也投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月25日、CAR3219フィールドにて行われた埼玉西武と千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦、第7回戦は5対1で埼玉西武が勝利。

 埼玉西武は3回裏、先頭の川越誠司選手がフェンス直撃の二塁打を放つと、内野ゴロの間に3塁へ進塁。続く9番・山村崇嘉選手の犠飛で千葉ロッテの先発・有吉優樹投手から先制に成功する。すると続く4回裏にも仲三河優太選手の安打で無死1塁とし、3番・高木渉選手の3号2ランが生まれ2点を追加した。

 一方の先発は内海哲也投手。味方の失策などもあり毎回のように走者を背負う投球となったが、落ち着いて後続を打ち取り本塁を踏ませない。3点差となった5回表は6球で3者凡退にしとめ、5回3安打1四球4奪三振無失点でマウンドを後に託した。

 6回表からは吉川光夫投手が登板し、2イニングを無失点でつなぐ。すると打線は6回裏に佐藤龍世選手の適時二塁打、7回裏にもブランドン選手の適時二塁打が生まれ、合わせて2点を追加。5対0とリードを広げる。

 続く8回表には小川龍也投手が失策も絡み無死2、3塁とし、藤原恭大選手の犠飛で1点を失う。しかし続く2死1、3塁のピンチは切り抜け、最少失点にとどめた。9回表は伊藤翔投手が無失点に締め、5対1で試合終了。

 埼玉西武は高木選手の2試合連続となる3号2ランなど、打線がつながり5得点。投げては先発の内海投手が5回無失点の好投を見せた。一方、敗れた千葉ロッテは先発の有吉投手が6回6安打4失点の内容。打線も松田進選手が2安打を記録したが、好機を生かしきれなかった。

  123456789 計
ロ 000000010 1
西 00120110X 5

ロ ●有吉優樹-土肥星也-土居豪人
西 ○内海哲也-吉川光夫-小川龍也-伊藤翔

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【ファーム】5/25 イーグルス対ベイスターズ結果
【ファーム】5/25 ホークス対タイガース結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM