田嶋大樹は7回1失点の粘投。島内宏明の同点打でオリックス対楽天は引き分けに

2021.4.27(火) 22:10 パ・リーグ インサイト
楽天・島内宏明選手(C)パーソル パ・リーグTV
楽天・島内宏明選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月27日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと楽天の第4回戦は、5対5の引き分けに終わった。オリックスは最終回、3点のリードを守りきれなかった。
  
 オリックスは2回裏、杉本裕太郎選手の四球、モヤ選手の安打で1死1、2塁の好機を作ると、7番・T-岡田選手がライトの頭を越える適時二塁打を放ち1点を先制する。

 反撃したい楽天は4回表、浅村栄斗選手の安打、ディクソン選手の二塁打で無死2、3塁とすると、続く内田靖人選手が犠飛を打ち上げ同点とし、試合を振り出しに戻す。しかし直後の4回裏、二死走者無しの場面から、T-岡田選手、中川圭太選手、頓宮裕真選手が3連打を放ち1点を失いオリックスに勝ち越しに成功した。さらに6回の裏にモヤ選手に2号ソロが生まれリードを2点に広げる。

 楽天は8回表、鈴木大地選手が安打で出塁すると、浅村選手が適時二塁打で1点差に迫る。しかしその裏に杉本裕太郎選手のレフトスタンド5階席に飛び込む4号2ランが飛び出しオリックスがリードを3点に広げ試合は最終回へ。

 ところが、9回の表に登板したK-鈴木投手が四球とエラーで無死1、2塁のピンチを招き降板。思わぬ好機を得た楽天は、茂木栄五郎選手が代わった山田修義投手から四球を選び1死満塁とすると、鈴木選手、島内宏明に連続適時打が生まれ試合はここで振り出しに。

 9回裏は、オリックスが好機を作るも紅林弘太郎選手、安達了一選手が倒れ5対5の引き分けで試合終了。

 オリックスの先発・田嶋大樹投手は序盤は走者を出す展開が続くも崩れず7回6安打7奪三振1四球1失点と先発の役割を果たした。打線はモヤ選手、杉本選手に本塁打が生まれるなど5得点を挙げたが最後は試合を決めきれず。

 楽天の先発・岸孝之投手は、6回6安打4奪三振2四球3失点と課題の残る投球内容だった。打線は鈴木選手が4安打と打線をけん引。9回に3点差を追いつくなど驚異の粘りを見せた。


  123456789 計
楽 000100013 5
オ 010101020 5

楽 岸孝之-福山博之-渡邊佑樹‐森原康平‐松井裕樹
オ 田嶋大樹‐富山凌雅‐K-鈴木‐山田修義‐比嘉幹貴 

文・鈴木竜雅

関連記事

4/27 ホークス対ファイターズ結果
4/27 ライオンズ対マリーンズ結果
【ファーム】4/27 イーグルス対ファイターズ結果
【ファーム】4/27 マリーンズ対スワローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM