【ファーム】石崎剛、フローレスが快投! 打線も2本塁打で千葉ロッテが勝利

2021.4.27(火) 15:37 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・石崎剛投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・石崎剛投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月27日、ロッテ浦和球場にて行われた千葉ロッテと東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦、第2回戦は3対1で千葉ロッテが勝利。

 千葉ロッテの先発・石崎剛投手は、初回の先頭打者から4者連続三振を奪う最高の立ち上がり。3回表には2死から二塁打を許すも、後続を抑えて3回1安打5奪三振無失点でマウンドを降りた。続く2番手のフローレス投手も2イニングをパーフェクトピッチング。東京ヤクルト打線を寄せ付けず、試合の流れを作った。

 打線は1回裏、1死から福田秀平選手がレフトへの3号ソロを放ち先制する。6回裏にも平沢大河選手の2号ソロが生まれると、なおも1死1、3塁と好機を拡大。加藤翔平選手の適時打でさらに1点を加え、リードを3点に広げた。

 6回表は東妻勇輔投手、続く7回表は成田翔投手が無失点でつなぐ。8回表に東條大樹投手が失策も絡んで1死2、3塁から内野ゴロで1点を失うが、リードは保って最終回へ。9回表は小沼健太投手が登板し、危なげなく3者凡退に締めて3対1で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは前半を石崎投手とフローレス投手で1安打無失点に抑え試合を作ると、打線は福田秀選手、平沢選手の一発などで3点リードを奪った。前2試合連続でサヨナラを許した救援陣も、6回以降2安打1失点と安定した投球でリードを守りきった。

  123456789 計
ヤ 000000010 1
ロ 10000200X 3

ヤ ●市川悠太-丸山翔大-久保拓眞-下慎之介-宮台康平
ロ 石崎剛-○フローレス-東妻勇輔-成田翔-東條大樹-S小沼健太

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【ファーム】4/27 イーグルス対ファイターズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM