【ファーム】オリックスが接戦を制す。野口智哉は4安打2打点の活躍

パ・リーグ インサイト

2023.5.16(火) 21:31

オリックス・バファローズ・野口智哉選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・野口智哉選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月16日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクとオリックスのウエスタン・リーグ公式戦第9回戦は、4対3でオリックスが勝利した。

 オリックスは4回表、野口智哉選手の1号ソロで先制。さらに今日が復帰戦となった杉本裕太郎選手が四球で出塁すると、山中尭之選手にも1号2ランが飛び出した。

 序盤に援護をもらった先発の東晃平投手は6回裏、無死満塁から増田珠選手の犠飛とリチャード選手の適時三塁打で同点に追い付かれる。しかし続く上林誠知選手を空振り三振に斬って取り、6回99球4安打2四死球6奪三振3失点の内容で降板。

 7回裏を吉田凌投手が3者凡退に抑えると、8回表に来田涼斗選手の安打、上野響平選手の犠打で1死2塁から、野口選手が今日2打点目となる適時打を放ち、勝ち越しに成功した。以降は8回裏を山田修義投手、9回裏を入山海斗投手が締めて試合終了。

 オリックスは、勝ち越し打を放った野口選手が4安打をマーク。一方敗れた福岡ソフトバンクは、先発の田上奏大投手が5.2回6安打2四死球7奪三振3失点。打線は一時同点に追い付くも、勝ち越しには至らなかった。

  123456789 計
オ 000300010 4
ソ 000003000 3

オ 東晃平-○吉田凌-山田修義-S入山海斗
ソ 田上奏大-泉圭輔-●椎野新-中村亮太

文・飯田彩花

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を配信中!

関連リンク

試合詳細/動画
負傷で抹消されていた杉本裕太郎が実戦復帰
衣装買い付けは韓国まで!オリ姫ポスターの撮影の裏側
チームの未来を担う、パ・リーグ6球団の二軍の現況
ウエスタン・リーグ順位/個人成績

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE