中村剛也に待望の今季初アーチが生まれた埼玉西武が快勝。與座海人は6回0封

2022.5.5(木) 15:34 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・中村剛也選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・中村剛也選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月5日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの第8回戦は、7対0で埼玉西武が快勝した。

 埼玉西武の先発・與座海人投手は、初回から2イニング連続で3者凡退に切るなど、安定感のある投球を見せる。6回表には連打で1死2、3塁のピンチを背負ったが、後続を打ち取り、6回4安打3奪三振無失点の内容でマウンドを降りた。

 一方の打線は3回裏、1死から9番・金子侑司選手がライトへの二塁打で好機を演出すると、続く源田壮亮選手が適時打を放ち、1点を先制。さらに6回裏は、2死1、2塁から5番・中村剛也選手に1号3ランが生まれ、点差を4点に広げた。

 7回表を本田圭佑投手、8回表を平良海馬投手がそれぞれ無失点で抑えると、続く8回裏は、3番・外崎修汰選手の犠飛と、4番・山川穂高選手の11号ソロなどで3点を追加。7点リードの最終9回表は、平井克典投手が締め、7対0で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、與座投手が6回無失点の好投で試合の流れをつくると、中村選手は待望の今季初本塁打をマーク。中村選手は「いい場面で回ってきて、たくさんの子どもたちが応援に来てくれている中で打てて良かったです。長いコメントしてもうた!」と笑いながら語った。

 一方敗れた千葉ロッテは、先発の美馬学投手が6回5安打1本塁打1四球6奪三振4失点。打線ではエチェバリア選手がマルチ安打を放つ活躍を見せるも、前日とは打って変わり、計4安打無得点と振るわなかった。

  123456789 計
ロ 000000000 0
西 00100303X 7

ロ ●美馬学-小沼健太-東妻勇輔
西 ○與座海人-本田圭佑-平良海馬-平井克典

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】與座海人 今季本拠地初先発で好投を披露
【動画】源田壮亮 ライトへの先制タイムリー
【動画】中村剛也 今季初本塁打となる3ランを放つ!
家族みんなで観戦コーデを楽しもう!パ・リーグ6球団 ベビー・キッズグッズ特集

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM