山川穂高が2試合連続の初回3ランを放ち埼玉西武が2連勝。與座海人は今季初勝利

2022.4.28(木) 21:35 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・山川穂高選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・山川穂高選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月28日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと埼玉西武の第6回戦は、4対2で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武打線は初回、源田壮亮選手が安打で出塁すると、オグレディ選手が四球を選び好機を得る。すると山川穂高選手が2試合連続の初回3ランを放ち、幸先よく先制した。

 先発のスミス投手は初回こそ無失点で抑えたが、2回裏に四球や安打で1死1、3塁となったところで今宮健太選手に適時打を許し、1点を返されてしまう。続く甲斐拓也選手にも四球を与え、満塁としたところで右脇上部の違和感を訴え降板。しかし2番手の與座海人投手が後続を断ち、最少失点でこの回を終えた。

 3回裏には柳田悠岐選手の本拠地第1号となるソロ本塁打で1点差に詰め寄られるも、5回表に源田選手の三塁打と、オグレディ選手の適時打で再びリードを広げる。6回以降は平井克典投手、本田圭佑投手、平良海馬投手がそれぞれ無失点ピッチングでつなぎ最終回へ。9回裏は増田達至投手が3者凡退に抑えて試合終了。

 勝利した埼玉西武は、チャンスをうまく生かし、6安打ながら4点を奪取。リリーフ陣も粘投し、與座投手は今季初勝利を収めた。一方敗れた福岡ソフトバンクは、レイ投手が4.2回4失点と先発の役割を果たせず。打線も10安打を記録するも、あと一本が出なかった。

  123456789 計
西 300010000 4
ソ 011000000 2

西 スミス-○與座海人-平井克典-本田圭佑-平良海馬-S増田達至
ソ ●レイ-嘉弥真新也-藤井皓哉-松本裕樹-板東湧梧

文・北村彩実

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】山川穂高 今季8号の3ランホームランで先制!
【動画】本日も好調!オグレディのタイムリー
【動画】源田壮亮 軽やかにナイスキャッチ
【動画】本田圭佑 2日連続で3者凡退の好リリーフ

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM