【ファーム】長谷川信哉が決勝打含む3安打の活躍。今井達也は負傷降板

2022.4.19(火) 16:32 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・長谷川信哉選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・長谷川信哉選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月19日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦第3回戦は、3対1で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武の先発は今井達也投手。初回から四球で走者を背負いながらも、要所を締めて得点は許さず。しかし5回裏、植田将太選手の安打と与四球で2死1、2塁から、平沢大河選手に適時打を浴びると、捕手の後ろへカバーに入った際に負傷。足を引きずりながら途中降板した。

 一方の打線は2回表、渡部健人選手、古賀悠斗選手の連打などで1死1、3塁から、中山誠吾選手の犠飛で1点を先制。以降は6回まで無得点に終わっていたが、7回表に長谷川信哉選手の適時打、高木渉選手の犠飛で2点の勝ち越しに成功した。

 急きょ今井投手の後を受けたリリーフ陣は、佐野泰雄投手が5回途中から6回を無失点でつなぐと、7回以降は大曲錬投手、森脇亮介投手、松岡洸希投手がそれぞれ1イニングを無安打無四死球に抑え、3対1で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、今井投手が4.2回3安打4四球4奪三振1失点の内容。打線では長谷川選手が3安打1打点、9回裏には好守も見せて存在感を示した。一方敗れた千葉ロッテは、先発の佐藤奨真投手が5回8安打2奪三振1失点の粘投も、2番手・鈴木昭汰投手が2イニング目につかまった。

  123456789 計
西 010000200 3
ロ 000010000 1

西 今井達也-○佐野泰雄-大曲錬-森脇亮介-松岡洸希S
ロ 佐藤奨真-●鈴木昭汰-国吉佑樹-田中靖洋

文・東海林諒平

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】長谷川信哉の勝ち越しタイムリー
【動画】長谷川信哉のダイビングキャッチでゲームセット
【動画】中山誠吾 犠飛でファーム初打点
【Monday パ】データと動画で見る、佐々木朗希の超人的な投球!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM