• パ・リーグ トップ
  • ニュース
  • オリックス ファンクラブ担当者の視点が産んだファンとの“デジタルコミュニケーション” 無料ゲームアプリ「FLY FLY FLY」開発秘話

オリックス ファンクラブ担当者の視点が産んだファンとの“デジタルコミュニケーション” 無料ゲームアプリ「FLY FLY FLY」開発秘話

2022.1.12(水) 17:00 パ・リーグ インサイト
無料ゲームアプリ「FLY FLY FLY」のロゴ(C)ORIX Buffaloes
無料ゲームアプリ「FLY FLY FLY」のロゴ(C)ORIX Buffaloes

 オリックス・バファローズがリリースした話題の球団公式無料ゲームアプリ「FLY FLY FLY」。キャラクターが上から落ちてくるエビフライをキャッチすることで得点が加算され、合計得点を競うゲームで、同じく落ちてくるボールを3つ落とすと、スリーアウトでゲームオーバー。カラフルでかわいらしいグラフィックから作られる世界観もあいまって、一見シンプルな優しいゲームかと思いきや、実際プレイしてみるとそう簡単にはステージクリアができない、絶妙な難易度がクセになるゲームなのだ。

 今回は、企画発案からリリースまでを担当したオリックス・バファローズファンクラブ担当の阿部優輝さん、ゲームの開発を担当したBISON GAMES企画・広報担当の加納梨奈さんと馬場清太さんにお話を伺った。

ーーファンクラブ運営を担当する阿部さんがゲームアプリ企画を発案したきっかけを教えてください

阿部さん(以下阿部):本来別の部署が担当する部類の企画なんですが、球団のゲームアプリがあればおもしろいのではと思い、業務外の仕事ですが自ら手を挙げて担当しました。ファンクラブを担当しているとファンの方のご意見がダイレクトにいただけたり、接する機会も多いので、デジタルでもコミュニケーションが取れる方法や楽しんでいただける手段はないか考えていたんです。そんななか、京セラドーム開門前に並ばれてるお客様を見て、並んでいる間退屈されている方が結構いらっしゃるなぁと感じ、スマホでできるゲームがあれば、入場前からバファローズを楽しんでもらえるのでは? と思ったのが始まりです。

ーーゲームの内容はどのように決めて行ったのでしょうか?

阿部:野球が好きな人も野球に馴染みがない人も、誰でも楽しめるゲームにしたくて、加納さんたちにいくつかご提案いただきました。その中で、フライをキャッチするというすごくシンプルな内容のゲームがやってみたら意外とおもしろくて。

加納さん(以下加納):野球を題材にしたゲームはたくさんありますが、今回は野球のルールがわからない方や幅広い年齢層の方に楽しんでいただきたく、見た目の可愛さからも入ってもらえるよう、あえて選手ではなくブルベル(球団マスコットのバファローブルとバファローベル)を起用しました。ゲーム性がシンプルなので、見た目はとにかくかわいくしたくて、かわいさにはこだわって作りました。

ゲームのプレイ画面(C)ORIX Buffaloes
ゲームのプレイ画面(C)ORIX Buffaloes

ーーリリースまでに苦労した点はありますか?

阿部:「ゲームの難しさ」はとても重要で、難しすぎるとやってても楽しくないし、継続性も落ちると感じていたんです。難しさのバランスは、制作スタッフにゲームを一生分くらいやってもらったんじゃないかってくらいやってもらって調整していきました。

加納:「難しさ」に関しては人によって難しいと感じるレベルが違うので、ちょうどいいところを見つけるのに苦戦しました。本当にちょうどいいところでリリースできたのかはわからないですが、実際にゲームをプレイしたユーザーの方から「簡単そうに見えてちょっと油断するとすぐにゲームオーバーになってしまう!」との意見が多数あったので、楽しんでもらえてるのかなとは感じています。

阿部:ゲーム内容は今後もブラッシュアップしていって、ユーザーの方にほどよい楽しみを提供し続けていきたいです。


ーー開発者ならではの「FLY FLY FLY」注目ポイントを教えてください!

加納:プレイするキャラクターを選択する画面に、デフォルトでいるブルベルのほかに、シルエットだけが見えているシークレットキャラが3体います。それぞれ登場する条件が違うので、どういう条件で出てくるかを探り探りやっていただきながら見つけてほしいです!

馬場さん(以下馬場):ゲーム中に流れている音楽もオリジナルで作ったものなんです。同じメロディーですが、ステージ毎に変わる背景の雰囲気に合わせてアレンジを変えています。ぜひ音をONにしてプレイしてみてください!

ーー今後の展開はなにかありますか?

加納:ゲームスコアランキングの導入は検討しています。また、クリスマス期間にはブルベルがサンタのコスチュームになったりと、ゲームの中での変化は今後もアップデートをしていく予定です。

馬場:選手の皆さんやBsGirlsの皆さんにゲームに挑戦していただいた動画や、ベルちゃん出演のPR動画を作成したのですが、今後ゲームをアップデートしていくなかで、動画自体も楽しめるような告知もアップデート毎にやっていけたらと考えています。

ーーまだ「FLY FLY FLY」をプレイしたことのない方にメッセージをお願いします!

阿部:オリックスファンはもちろん、プロ野球ファンを増やしたいという思いがベースにありますので、ファンになる接点を増やしていければと思っています。今後も新しい取り組みをどんどん産み出していき、最終的には球場にお越しいただき楽しんでいただくキッカケを作っていきたいです。ゲームアプリのリリースは球団として初めての取り組みで、最初のゲームである「FLY FLY FLY」はまだまだ課題はたくさんありますが、ぜひ楽しんでいただいて、そして作る側の私達も楽しみながら新たなゲーム開発をしていければと思います。



オフシーズンは「FLY FLY FLY」を楽しんで球春到来を待とう!ダウンロードはこちらから。

取材・文 池田紗里

関連リンク

オリックスの新人が新入団選手発表会見で抱負を語る。ドラフト1位・椋木蓮「1年目から少しでも戦力となれるように」
バーチャル御堂筋の優勝パレードに、AIがスイングを診断!? ファンフェスティバルを振り返る【vol.3 オリックス・福岡ソフトバンク編】
杉本裕太郎、島内宏明、荻野貴司...... 今季キャリア初の個人タイトルを獲得したパの選手たち
オリックスが2選手の背番号変更を発表。福田周平は「1」に、大城滉二は「10」に戻す
躍進のカギはブルペンにあり? Aクラス3球団に共通した「強力リリーフ陣」を振り返る

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM

  • パ・リーグ トップ
  • ニュース
  • オリックス ファンクラブ担当者の視点が産んだファンとの“デジタルコミュニケーション” 無料ゲームアプリ「FLY FLY FLY」開発秘話