• TOP
  • ニュース
  • 2年ぶり球宴が楽しみすぎる! 近年のオールスター名場面をおさらい

2年ぶり球宴が楽しみすぎる! 近年のオールスター名場面をおさらい

2021.7.15(木) 19:00 パ・リーグ インサイト
メットライフドーム【撮影:パ・リーグ インサイト編集部】
メットライフドーム【撮影:パ・リーグ インサイト編集部】

 7月16日(金)17日(土)、「マイナビオールスターゲーム2021」が開催される。2020年の球宴は新型コロナウイルスの影響で中止となったため、2年ぶりの夢の競演だ。一流選手たちの交流、手に汗握る直球勝負などが醍醐味として挙げられるが、印象に残っているシーンはあるだろうか。過去5年間の名場面を振り返ってみよう。

19歳の森友哉が大活躍した2015年

<マツダオールスターゲーム2015>
【第1戦】 7月17日(金)東京ドーム
○セ 8 - 6 パ●
【第2戦】7月18日(土)MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
○セ 8 - 3 パ●

 第1戦はセがシーソーゲームを制し、第2戦も広島カープ勢の活躍で勝利。パでともに印象的な活躍を見せたのは、当時19歳だった森友哉選手(埼玉西武)だ。

 第1戦では、藤浪晋太郎投手(阪神)との大阪桐蔭バッテリー対決が実現。森選手は先輩の直球をフルスイングし、東京ドームの天井に当てた。そして第2戦、代打で出場した森選手はセに一矢報いる2ランを放つ。球宴での10代選手のホームランは、OBの清原和博氏以来史上2人目の快挙だった。

栗山巧の待望の一発&「大谷の日」だった2016年

<マツダオールスターゲーム2016>
【第1戦】7月15日(金)福岡 ヤフオク!ドーム
●パ 4 - 5 セ○
【第2戦】7月16日(土)横浜スタジアム
セ 5 - 5 パ

 第1戦はベテラン陣が魅せた。パ先発・和田毅投手(福岡ソフトバンク)は、セ先発・菅野智之投手(巨人)とともに快投を披露し、試合は早いペースで進む。結果的にパは接戦に敗れるも、15年目にして球宴初出場を果たした栗山巧選手(埼玉西武)が最終回、中崎翔太投手(広島)から初打席初ホームラン。いぶし銀の一発にパファンは大いに沸いた。

 第2戦は引き分け。DH出場した大谷翔平選手(北海道日本ハム・現エンゼルス)がホームランを含む2安打3打点でMVPに輝いた。なお、大谷選手は前日のホームランダービーでも優勝。さらにこの年は本来、投手として球宴に選出されており(ケガのため野手に変更)シーズンでは10勝&22本塁打の驚異的な活躍で、チームを日本一に導いている。現在アメリカを席巻する「オオタニサン」の日本時代の凄まじさが凝縮した球宴だった。

ZOZOマリンでパ・リーグがひとつになった2017年

<マイナビオールスターゲーム2017>
【第1戦】7月14日(金)ナゴヤドーム
●セ 2 - 6 パ○
【第2戦】7月15日(土)ZOZOマリンスタジアム
○パ 3 - 1 セ●

 第1戦で、パは地元・愛知県出身の千賀滉大投手(福岡ソフトバンク)が先発し、秋山翔吾選手(埼玉西武・現レッズ)の先頭打者弾などで快勝する。第2戦も制してパの連勝となったが、ZOZOマリンスタジアムで行われた一戦は、印象深い出来事が多かった。

 まず、セは小林誠司選手(巨人)の完璧な先制ホームランで大盛り上がり。巨人の高橋由伸監督(当時)が、ベンチ前で小林選手の頭をはたくシーンが話題となった。

 また4回、前年まで千葉ロッテでプレーし、福岡ソフトバンクに移籍したデスパイネ選手が登場すると、ファンがかつての応援歌を合唱。あたたかい歓迎ムードに応え、デスパイネ選手はその打席でバックスクリーン弾を叩き込んだ。鈴木大地選手(千葉ロッテ・現楽天)も一発を含む2安打1打点と存在感を見せ、最後はパの選手とファンで千葉ロッテの勝利パフォーマンス「We Are」。球団の垣根を越え、パがひとつになった瞬間だった。

熊本で「獅子」大暴れの2018年

<マイナビオールスターゲーム2018>
【第1戦】7月13日(金)京セラドーム大阪
○パ 7 - 6 セ●
【第2戦】7月14日(土)リブワーク藤崎台球場(熊本)
●セ 1 - 5 パ○

 パが2年連続で連勝したが、2試合とも、埼玉西武勢の独壇場だったと言っていいだろう。まず第1戦で、セは12年ぶり球宴出場の松坂大輔投手(中日・現埼玉西武)、パは菊池雄星投手(埼玉西武・現マリナーズ)が先発し、ライオンズの新旧エース対決が実現する。そしてかつての大エースに対して、秋山選手が球宴史上初となる2年連続の初回先頭打者弾を放つと、森選手も3ランで続くなど「獅子おどし打線」が初回から爆発。

 6回には山川穂高選手(埼玉西武)にタイムリーが出て、MVPには2安打3打点の活躍を見せた森選手が輝いた。また、熊本地震復興支援として初めて熊本で行われた第2戦でも、攻守で持ち味を生かした九州出身の源田壮亮選手(埼玉西武)がMVPに。この年パ王者となるチームとして、さすがの強さを見せつけた。

オリックスの若き大砲に魅了される2019年

<マイナビオールスターゲーム2019>
【第1戦】7月12日(金)東京ドーム
●セ 3 - 6 パ○
【第2戦】7月13日(土)阪神甲子園球場
○セ 11 - 3 パ●

 初日、2分間で何発アーチをかけられるかというルールで行われたホームランダービーでは、吉田正尚選手(オリックス)が魅せた。坂本勇人選手(巨人)の記録である3本以上を打てば翌日の決勝進出という状況で、わずか30秒で勝負あり。決勝では鈴木誠也選手(広島)に敗れたが、ホームランアーティストらしくファンを魅了した。

 そしてパが勝利した第1戦では、またも埼玉西武勢、特に森選手がやってくれた。全球ストレート勝負を貫き、パを圧倒していた大瀬良大地(広島)投手から2回、先制2ラン。捕手として盗塁も阻止し、2年連続のMVPに選出された。なおセが勝利し、連敗を5で止めた第2戦では、本拠地開催の阪神勢が活躍。近本光司選手(阪神)が新人初となる先頭打者弾に加え、1992年の古田敦也氏(東京ヤクルト)以来史上2人目となる球宴でのサイクル安打と大暴れした。


 今回の「マイナビオールスターゲーム2021」は、第1戦がメットライフドーム、第2戦が楽天生命パーク宮城で開催される予定だ。森選手を筆頭に、ここまで名前の挙がった埼玉西武勢のほか、初選出の選手も多数出場する。試合が行われるのも、それを観戦できるのも、決して当たり前ではないことを、日々思い知らされながら迎える特別な2日間。これまでの球宴を超える名場面は生まれるだろうか。

文・馬塲呉葉

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM

  • TOP
  • ニュース
  • 2年ぶり球宴が楽しみすぎる! 近年のオールスター名場面をおさらい