楽天が6連勝で交流戦首位に浮上! 岸孝之は6回2失点の力投で3勝目をマーク

2021.6.8(火) 21:31 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・岸孝之投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・岸孝之投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月8日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と中日の「日本生命セ・パ交流戦 2021」第1回戦は、5対2で楽天が勝利。連勝を「6」に伸ばし、交流戦首位に浮上した。

 楽天の先発・岸孝之投手は、初回から走者を背負う場面がありながらも、要所を締める投球を披露。しかし、4回表には福田永将選手の3号ソロで先制を許し、勝ち越してもらった直後の6回表には7番・木下拓哉選手の適時打で1点を失うも、なんとかリードは守って6回7安打8奪三振2失点で降板した。

 打線は先制を許した直後の4回裏、4番・島内宏明選手が9号ソロを放ち、試合を振り出しに戻す。5回裏には先頭・辰己涼介選手の二塁打などで1死3塁の好機を得ると、2番・鈴木大地選手が適時打を放ち、勝ち越しに成功。なおも1死満塁の好機で、5番・岡島豪郎選手にも適時打が生まれ、2点のリードを得る。勝ち越し打を放った鈴木大地選手は、「岸さんに勝ちをつけられるように絶対に勝ちます!」とコメントした。

 1点リードで迎えた7回表は、2番手・酒居知史投手がマウンドに上がり、気迫の投球で無失点に抑えると、7回裏は、連打などで得た2死満塁の好機で代打・内田靖人選手に適時打が生まれ、2点を追加。8回表は3番手・宋家豪投手が無失点でつなぎ、最終9回表は守護神・松井裕樹投手が危なげない投球で締めて試合終了。

 5対2で勝利した楽天は、岸投手が6回7安打8奪三振2失点で3勝目をマーク。打線も、好調の鈴木選手、島内選手、岡島選手がマルチ安打を記録するなどつながりを見せ、チームは6連勝を飾った。

  123456789 計
中 000101000 2
楽 00012020X 5

中 ●柳裕也-橋本侑樹-藤嶋健人-ロサリオ
楽 ○岸孝之-酒居知史-宋家豪-S松井裕樹

文・後藤万結子

関連リンク

6/8 ファイターズ対タイガース結果
6/8 ライオンズ対ベイスターズ結果
6/8 マリーンズ対スワローズ結果
6/8 バファローズ対ジャイアンツ結果
6/8 ホークス対カープ結果
【ファーム】6/8 イーグルス対ファイターズ結果
【ファーム】6/8 ライオンズ対スワローズ結果
【ファーム】6/8 ホークス対ドラゴンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM