【ファーム】序盤に大量得点の福岡ソフトバンクが連勝。東浜巨投手は6.1回6失点

2021.5.5(水) 16:17 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・東浜巨投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・東浜巨投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月5日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと広島のウエスタン・リーグ公式戦第8回戦は、9対7で福岡ソフトバンクが勝利し、連勝を飾った。

 福岡ソフトバンクは初回、広島の先発・中村恭平投手が制球に苦しむと4連続四死球を選び1点を先制。さらに続く野村大樹選手の適時打で1点を追加する。1点を返された直後の2回裏も3四球で1死満塁とすると、押し出し死球と柳町達選手の適時打、釜元豪選手の犠飛でさらに3点を追加。3回裏にもリチャード選手の2点適時打などで3得点を挙げると、4回裏には川瀬晃選手の適時打で1点を追加し、4回までに9点を奪う猛攻を見せた。

 一軍復帰に向けて最終調整に臨む先発・東浜巨投手は、初回を無失点に抑えるが2回表に磯村嘉孝選手に1号ソロを浴びる。3回表は2死満塁のピンチを凌ぐも、4回表に無死満塁から林晃汰投手に3号満塁弾を被弾。6回表にも二俣翔一選手に2号ソロを浴び、7回途中で降板。6.1回6安打4奪三振3四死球6失点とやや不安の残る内容となった。

 東浜投手からマウンドを受けた奥村政稔投手は回を跨いで8回も登板し1.2回を完璧に抑えると、9回表は川原弘之投手がマウンドへ。先頭の林選手に二塁打を浴びると自らの失策もあり1点を失ったが、最後は中神拓都選手を右飛に抑えて試合終了。9対7で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは序盤から大量得点を挙げると、投手陣が追い上げられながらも最後までリードを保ち2連勝。一方、先発の東浜投手は3本塁打を許して6失点と一軍復帰に向けて若干の不安を残した。

  123456789 計
広 010401001 7
ソ 23310000X 9

広 ●中村恭平-畝章真-今村猛-島内颯太郎-ケムナ誠
ソ ○東浜巨-奥村政稔-川原弘之

文・波多野瞭平

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

5/5 ライオンズ対バファローズ結果
5/5 ホークス対イーグルス結果
【ファーム】5/5 ライオンズ対イーグルス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM