今井達也が124球の力投で今季2勝目! 森友哉に一発も生まれた埼玉西武が本拠地で快勝

2021.5.5(水) 16:32 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・今井達也投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・今井達也投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月5日、メットライフドームで行われた埼玉西武とオリックスの第9回戦は、6対2で埼玉西武が勝利。カード戦績を1勝1敗1分とした。

 1回表、埼玉西武の先発・今井達也投手は先頭打者に安打を許すも、後続を断ち無失点で立ち上がる。するとその裏、オリックスの先発・山本由伸投手から先頭の若林楽人選手が二塁打で出塁すると、四球、暴投などで2死1、3塁と好機を拡大。ここで5番・栗山巧選手が中前へ適時打を放ち幸先よく1点を先制する。3回裏には、源田壮亮選手の二塁打と進塁打で1死3塁とすると、続く4番・中村剛也選手が適時打を放ち1点を追加。埼玉西武がリードを2点に広げる。

 追加点が欲しい埼玉西武は5回裏、1死から源田選手がセーフティバントで出塁すると、盗塁と敵失などで2死3塁と好機を演出する。すると4番・中村選手から二打席連続となる適時打が飛び出し1点を追加。スコアを3対0とし、試合を有利に進める。

 しかし6回表、中川圭太選手の安打や四球などで2死1、2塁とされると、杉本裕太郎選手に中前へ適時打を放たれ1点を失う。

 流れを渡したくない埼玉西武は7回裏、1死から金子侑司選手が右前打で出塁すると、続く源田選手が適時三塁打を放ち1点を追加する。さらにここで代わったオリックスの2番手・K-鈴木投手から、森友哉選手が右翼席へ豪快な4号2ランを放り込み、この回一挙3得点。スコアを6対1とし勝利を大きく手繰り寄せた。

 大量援護に守られた今井投手だったが、8回表に連続四球などで満塁のピンチを招くと、暴投で1点を失いマウンドを降りる。しかし2死2、3塁の場面でスイッチした平良海馬投手が三振を奪い無失点でピンチを切り抜ける。最終回のマウンドにも平良投手が上がると、三者凡退で危なげなくリードを守り切り、6対2で埼玉西武が勝利した。

 勝利した埼玉西武は、先発・今井投手が7.2回124球6安打5奪三振4四球2失点の内容でオリックス打線に的を絞らせず、今季2勝目をマーク。打線では中村選手の2打席連続適時打、森選手の本塁打など主軸が役割を果たし、チームに勝利を呼び込んだ。一方敗れたオリックスは先発・山本投手が6.1回120球10安打6奪三振5失点と力投するも、打線がつながりを欠き、援護できなかった。

  123456789 計
オ 000001010 2
西 10101030X 6

オ ●山本由伸-K-鈴木-金田和之
西 ○今井達也-S平良海馬

文・山本理絵

関連リンク

5/5 ホークス対イーグルス結果
【ファーム】5/5 ライオンズ対イーグルス結果
【ファーム】5/5 ホークス対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM