12安打8得点と打線活発の楽天が快勝! 早川隆久は6回7奪三振3失点で3勝目

2021.4.25(日) 16:18 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・早川隆久投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・早川隆久投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月25日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と埼玉西武の第6回戦は、8対4で楽天が勝利。埼玉西武との3連戦を2勝1分の好成績で終えた。

 楽天は2回裏、埼玉西武の先発・平井克典投手を攻め立てる。先頭の4番・浅村栄斗選手が二塁打を放つと、6番・岡島豪郎選手が初球のスライダーをはじき返し、まずは1点。さらに8番・辰己涼介選手、2番・鈴木大地選手、3番・島内宏明選手にも適時打が生まれるなど、この回6安打と打線がつながり、一挙5点を先制する。

 楽天先発・早川隆久投手は、直後の3回表に3者連続三振を奪うなど快調な投球を進める。しかし5回表、併殺の間に1点を失うと、6回表には栗山巧選手の適時打などで2点を返され、5対3とリードは2点に。なおも2死3塁の場面を迎えるも、ここは森友哉選手を二ゴロに抑え、ピンチを切り抜けた。

 すると6回裏、楽天は辰己選手の安打などで満塁とすると、3番・島内選手が走者一掃となる3点適時二塁打を放ち、スコアは8対3に。7回表、2番手・安樂智大投手が呉念庭選手に3号ソロを浴びるも、8回表は福山博之投手、9回表はブセニッツ投手がそれぞれ3者凡退で締めて、8対4で試合終了。

 勝利した楽天は、先発・早川投手が6回6安打7奪三振1四球3失点で今季3勝目。打線は2回裏、打者9人の猛攻で5得点を挙げる集中打が光った。島内選手が2安打4打点、辰己選手が猛打賞の活躍だった。一方敗れた埼玉西武は、先発・平井投手が6回途中7失点と大量失点が響き、2つの引き分けを挟んで6連敗となった。

  123456789 計
西 000012100 4
楽 05000300X 8

西 ●平井克典-佐野泰雄-十亀剣-武隈祥太-田村伊知郎
楽 ○早川隆久-安樂智大-福山博之-ブセニッツ

文・岩井惇

関連リンク

4/25 ファイターズ対バファローズ結果
4/25 マリーンズ対ホークス結果
【ファーム】4/25 イーグルス対スワローズ結果
【ファーム】4/25 ファイターズ対ジャイアンツ結果
【ファーム】4/25 ライオンズ対マリーンズ結果
【ファーム】4/25 ホークス対バファローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM