【ファーム】江川侑斗が勝ち越しの適時打を含む3安打3打点の活躍! 則本佳樹も好リリーフを見せた楽天が勝利

2021.4.25(日) 16:58 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・江川侑斗選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・江川侑斗選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月25日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われたイースタン・リーグ公式戦、楽天対東京ヤクルトの第6回戦は5対4で楽天が勝利した。

 楽天の先発・藤平尚真投手は初回を3人で締め、幸先の良いスタートを切ったが2回表に先頭の中山翔太選手の頭部へ死球を与えてしまう。この投球が危険球となり、危険球退場でまさかの途中降板。序盤の段階で継投に移ることとなった。しかしこの緊急事態に2番手・則本佳樹投手が見事に対処して見せた。

 則本佳投手は3イニングを投げ、3安打1奪三振1四球無失点の好投。悪い流れを断ち切り、流れを呼び込む。すると打線も4回裏に2死1塁の場面から、横尾俊建選手の適時二塁打で先制すると、続く江川侑斗選手にも適時打が生まれリードを2点とした。

 5回表から登板した福井優也投手が3イニング目の7回表に捉えられ、犠飛と適時打で試合は振り出しに戻るも、ここで楽天打線の粘り強さが光る。8回裏、1死満塁の好機を作ると、江川選手にこの試合2本目となる適時打が生まれ、2点の勝ち越しに成功。続く渡邊佳明選手も適時三塁打を放ち、5対2とした。

 最終回は鈴木翔天投手が登板。しかし走者を背負い一打逆転のピンチを招くと、すかさず内間拓馬投手にスイッチ。犠飛や適時打で1点差まで詰められ、一打逆転のピンチを背負ったものの、最後は投手ゴロに打ち取り試合終了。

 勝利した楽天は、江川選手が2本の適時打を含む3安打の活躍で東京ヤクルトの追撃をかわした。投手陣も藤平投手の危険球退場という緊急事態を継投でつなぎ、最少失点で切り抜けた。今カードは2勝1敗で、2カード続けての勝ち越しとなった。

  123456789 計
ヤ 000000202 4
楽 00020003X 5

ヤ バンデンハーク-サイスニード-●寺島成輝-蔵本治孝
楽 藤平尚真-則本佳樹-福井優也-○津留﨑大成-鈴木翔天-S内間拓馬

文・小野寺穂高

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

4/25 ファイターズ対バファローズ結果
4/25 イーグルス対ライオンズ結果
4/25 マリーンズ対ホークス結果
【ファーム】4/25 ファイターズ対ジャイアンツ結果
【ファーム】4/25 ライオンズ対マリーンズ結果
【ファーム】4/25 ホークス対バファローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM