【ファーム】佐藤直樹が長打3本と大暴れ! 二保旭ら投手陣も完封リレーを見せた鷹が快勝

2021.4.25(日) 16:22 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・二保旭投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・二保旭投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月25日、タマスタ筑後で行われた福岡ソフトバンクとオリックスのウエスタン・リーグ公式戦、第9回戦は5対0で福岡ソフトバンクが勝利した。福岡ソフトバンクはオリックスとの今カード3連勝で終えた。

 福岡ソフトバンクは1回裏、先頭の佐藤直樹選手が二塁打を放ち、1死3塁と好機を作ると、3番・上林誠知選手がレフトに犠飛を放ち1点を先制する。さらに4回裏にも上林選手がライトスタンドに2号ソロを放ち、1点を追加。試合の主導権を握った。

 援護をもらった先発の二保旭投手は、ゾーンに多彩な変化球を投げ込み、5回まで相手打線をわずか2安打に抑える好投を見せ、オリックスにつけ入る隙を与えない。二保投手は崩れることなく、7回3安打7奪三振2四球無失点でリリーフ陣に後を託した。

 8回表は渡邉雄大投手がマウンドへ。安打と自身の悪送球で1死2塁のピンチを招くも、後続を打ち取り無失点で切り抜ける。すると直後の8回裏、佐藤選手が三塁打で無死3塁の好機を作ると、続く増田珠選手がレフト前に弾き返し1点を追加。なおもチャンスでリチャード選手の適時二塁打、九鬼隆平選手の犠飛でさらに2点を追加し、スコアを5対0として試合は最終回を迎える。

 9回表は奥村政稔が登板し、得点圏に走者を背負ったものの無失点で打ち取り試合終了。投打がかみ合い序盤から主導権を握った福岡ソフトバンクが5対0で勝利した。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発の二保投手の好投に打線が応え、8安打5得点と確実に得点を積み重ねた。打撃陣は2打点を挙げた上林選手、3本の長打を放ちチャンスメイクをした佐藤選手の活躍が光る試合に。一方の投手陣は、二保投手、渡邉投手、奥村投手がそれぞれ無失点に抑える完封リレーでオリックス打線を封じ込めた。敗れたオリックスは、先発の本田仁海投手が7.0回7安打6奪三振2四死球4失点と踏ん張り切れず。打線も散発5安打と沈黙し、チームは7連敗となった。

  123456789 計
オ 000000000 0
ソ10010003X 5

オ ●本田仁海-齋藤綱記-金田和之
ソ ○二保旭-渡邉雄大-奥村政稔 

文・鈴木竜雅

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

4/25 ファイターズ対バファローズ結果
4/25 イーグルス対ライオンズ結果
4/25 マリーンズ対ホークス結果
【ファーム】4/25 イーグルス対スワローズ結果
【ファーム】4/25 ファイターズ対ジャイアンツ結果
【ファーム】4/25 ライオンズ対マリーンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM