【ファーム】和田恋が逆転打も、先発・高田孝一がリードを守り切れず楽天が敗戦

2021.4.24(土) 16:59 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・和田恋選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・和田恋選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月24日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われたイースタン・リーグ公式戦、楽天対東京ヤクルトの第5回戦は3対5で楽天が敗戦。楽天は、東京ヤクルトに今季初黒星を喫し、連勝が3でストップした。

 楽天の先発は、今季初勝利を狙う高田孝一投手。2回表、1死から四球を与えると、安打と失策で満塁のピンチを背負う。続く9番・松本直樹選手は三振に抑えるが、2死満塁から1番・武岡龍世選手に2点適時二塁打を浴びて先制を許した。

 打線の反撃は、直後の2回裏。無死1、3塁から8番・江川侑斗選手の適時打ですぐさま1点を返す。さらに、9番・田中貴也選手の犠打で1死2、3塁と好機を拡大すると、1番・和田恋選手に2点適時打が飛び出し、逆転に成功する。

 援護を受けた高田孝投手だったが、4回表、2死2塁から代打・奥村展征選手に適時打を許し、同点とされる。5回表には、1死1塁から中山翔太選手の適時三塁打で1点を献上すると、さらに犠飛で追加点を許し、2点を追う展開に。高田孝投手は、5回120球5安打4四球5奪三振5失点で降板した。

 一方の打線は、継投に入った東京ヤクルト投手陣を打ち崩せないイニングが続く。7回裏には無死1、2塁の好機を作るが、後続が倒れて反撃ならず。最終回は、2四球と安打で1死満塁の絶好機を迎えるが、4番・渡邊佳明選手と5番・横尾俊建選手が連続三振に倒れ、得点できず3対5で試合終了。

 敗れた楽天は、和田選手が3安打をマークするなどチーム2桁安打を記録したが、再三の好機を生かせず。高田孝投手の後を継いだ高田萌生投手、鈴木翔天投手、牧田和久投手は、それぞれ1回無四球無失点の好救援を見せた。

  123456789 計
ヤ 020120000 5
楽 030000000 3

ヤ 高橋奎二-○大西広樹-原樹理-S吉田大喜
楽 ●高田孝一-高田萌生-鈴木翔天-牧田和久-石田駿-王彦程 

文・岡絃哉

関連リンク

4/24 ファイターズ対バファローズ結果
4/24 イーグルス対ライオンズ結果
4/24 マリーンズ対ホークス結果
【ファーム】4/24 ファイターズ対ジャイアンツ結果
【ファーム】4/24 ライオンズ対マリーンズ結果
【ファーム】4/24 ホークス対バファローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM