ドラ1ルーキー・伊藤大海が初先発で6回8奪三振1失点の好投。呉念庭はプロ初ホームラン

2021.3.31(水) 21:55 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・伊藤大海投手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・伊藤大海投手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月31日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと埼玉西武の第2回戦は、1対1で引き分けに。終盤に好機を生かせなかった北海道日本ハムと、終盤に好機を作れなかった埼玉西武、両チームともに課題も残る一戦となった。

 北海道日本ハムは、ドラフト1位ルーキーの伊藤大海投手がプロ初先発のマウンドへ。立ち上がりから走者を背負いながらも、安定感のある投球を披露。ストライク先行の投球で呉念庭選手の1号ソロによる1失点のみにとどめ、味方の援護を待つ。

 打線は埼玉西武の先発・今井達也投手に対して、チャンスを作りながらも得点に結びつけることができず、1点を追う展開で試合は後半戦へ。しかし6回裏に埼玉西武の2番手・伊藤翔投手から2死2塁のチャンスを作ると、今季ここまで打点がなかった西川遥輝選手に適時打が生まれ、試合を振り出しに戻す。

 北海道日本ハムは7回表から継投へ。7回表は長谷川凌汰投手、8回表は宮西尚生投手がそれぞれ3人で抑える。8回表の守備では、レフトの淺間大基選手が長打性の当たりに対して2塁で打者走者を刺すなど好守も光り、守備から流れを呼び込む。

 9回表を杉浦稔大投手が3人で抑え、試合は最終9回裏へ。死球と野村佑希選手の安打などで埼玉西武の守護神・増田達至投手から無死満塁とサヨナラの好機を作る。しかし大田泰示選手清水優心選手が三振と併殺打に倒れ、無得点で試合終了。

 北海道日本ハムは、先発の伊藤投手が好投で試合を作ると、中継ぎ陣も安定した投球を見せ勝ち越しを許さなかった。打線は野村選手が3安打を放つなど再三の好機を作るも、あと一本が出なかった。一方の埼玉西武は、呉選手のプロ入り初本塁打で先制に成功したものの、終盤にかけて打線が沈黙。先発した今井投手は、5回2安打8奪三振7四死球無失点の内容で今季初先発を終えた。

  123456789 計
西 000010000 1
日 000001000 1

西 今井達也-伊藤翔-吉川光夫-ギャレット-平良海馬-増田達至
日 伊藤大海-長谷川凌汰-宮西尚生-杉浦稔大

文・小野寺穂高

関連リンク

3/31 マリーンズ対イーグルス結果
3/31 バファローズ対ホークス結果
【ファーム】3/31 ファイターズ対スワローズ結果
【ファーム】3/31 イーグルス対ライオンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM