【ファーム】岡島豪郎が3安打3打点の活躍。楽天が両軍21安打の乱打戦を制する

2021.3.31(水) 16:51 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・岡島豪郎選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・岡島豪郎選手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月31日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた楽天と埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦、第2回戦は8対7で楽天が勝利した。

 打線は1回裏、和田恋選手岡島豪郎選手の適時打で2点の先制に成功。援護をもらった先発・王彦程選手だったが、直後の2回表に満塁のピンチを招いて1点を失う。すると4回表には埼玉西武の5番・高木渉選手に1号ソロを浴びて同点とされ、4回3安打3四球6奪三振2失点で降板した。

 同点となった4回裏、先頭の岡島選手が安打で出塁すると、相手失策も絡み2死1、3塁と好機を拡大。ここで水上桂選手に適時二塁打が生まれ、2点を勝ち越した。さらに5回裏には岡島選手の1号2ラン、江川侑斗選手の適時二塁打など一挙4得点。8対2とリードを大きく広げた。

 7回表、3番手・森原康平投手が埼玉西武のルーキー・渡部健人選手に2試合連続となる3号2ランを浴びると、綱島龍生選手にも1号2ランを許し4失点。しかし、2点差となった8回表は鈴木翔天投手が無失点でつなぎ、追撃をかわした。9回表は高田萌生投手が渡部選手に2打席連続の4号ソロで1点差まで詰め寄られるも、最後は川越誠司選手を三振で打ち取り8対7で試合終了。

 勝利した楽天は、5番を務めた岡島選手が本塁打含む3安打3打点の活躍。和田選手も先制の適時打をはじめ2安打をマークした。投手陣は11安打7失点と課題を残したが、4番手・鈴木翔投手が1イニングを無安打無失点の好投を見せた。一方敗れた埼玉西武は、先発の本田圭佑投手が7回途中9安打8失点と結果を残せず。打っては渡部選手が2本塁打、好調続く高木選手が同点弾含む3安打など、7得点を挙げて追い上げを見せたが、惜しくも及ばなかった。

  123456789 計
西 010100401 7
楽 20024000X 8

西 ●本田圭佑-武隈祥太-大曲錬
楽 王彦程-○西口直人-森原康平-鈴木翔天-S高田萌生

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【ファーム】3/31 ファイターズ対スワローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM