茂木栄五郎が決勝打を放った楽天が3連勝。則本昂大は7回途中1失点で今季初勝利

2021.3.31(水) 17:29 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・則本昂大投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・則本昂大投手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月31日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと楽天イーグルスの第2回戦は、2対1で楽天が勝利した。

 楽天の先発・則本昂大投手は、力強い直球と多彩な変化球で5回まで2安打1四球無失点と千葉ロッテを寄せ付けない。一方の打線は、相手先発の岩下大輝投手に5回までわずか1安打に抑えられ、両チーム無得点のまま試合は折り返した。

 試合が動いたのは6回表。楽天は、太田光選手島内宏明選手浅村栄斗選手の四球で2死満塁とすると、茂木栄五郎選手がライト前に適時打を放ち、走者2人が生還。この回ついに2点のリードを得た。

 則本投手は7回裏、2四球からピンチを招き、菅野剛士選手の適時二塁打で1点を返される。なおも1死2、3塁とピンチは続いたが、ここは代わった渡邊佑樹投手が後続を抑え、追撃は許さず。8回裏には牧田和久投手が1死2、3塁とされるも、ここも踏ん張り1点リードで最終回へ。

 9回裏は守護神・松井裕樹投手が代打・鳥谷敬選手の安打などで得点圏に走者を背負うも、山口航輝選手藤原恭大選手を打ち取って試合終了。勝利した楽天は、先発の則本投手が6.1回4安打3奪三振3四球1失点で今季初勝利をマーク。リリーフ陣も粘り強い投球でリードを守り抜いた。

 一方敗れた千葉ロッテは、先発の岩下投手が5.2回2安打5四球2失点の内容。打線は終盤にかけて好機を作ったもののあと1点が遠く、開幕5連敗を喫した。

  123456789 計
楽 000002000 2
ロ 000000100 1

楽○則本昂大-渡邊佑樹-牧田和久-S松井裕樹
ロ●岩下大輝-田中靖洋-唐川侑己-小野郁-河村説人

文・鈴木竜雅

関連リンク

3/31 ファイターズ対ライオンズ結果
3/31 バファローズ対ホークス結果
【ファーム】3/31 ファイターズ対スワローズ結果
【ファーム】3/31 イーグルス対ライオンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM