中田翔と近藤健介がタイトル獲得も…… 得点力不足と守備に課題【北海道日本ハムファイターズ2020:野手編】

2020.12.29(火) 11:59 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハム シーズンレビュー2020 vol.1(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハム シーズンレビュー2020 vol.1(C)パーソル パ・リーグTV

 チーム打率は.249で福岡ソフトバンクと同率の2位タイ。しかし、本塁打数はリーグワーストの89本、リーグトップの福岡ソフトバンクは126本で37本差、得点はリーグ3位の493ながら、2位の福岡ソフトバンクとは38の差があり、リーグ王者と同打率でも得点力の差があったのが実情だ。盗塁数もリーグ5位と、なかなか足を絡めた攻撃もできず、打率こそ悪くなかったものの、全体的なオフェンス力不足が垣間見えた北海道日本ハム。北海道日本ハムファイターズのシーズンレビュー後編は、打者に注目して2020シーズンを振り返っていく。

【ファイターズシーズンレビュー2020:投手編】はこちら

「レべチ」な活躍を見せた中田翔

 そんななか輝きを放ったのが中田翔選手だ。今季はオープン戦・練習試合から好調ぶりを見せつけると、開幕してからもここぞの場面で頼りになる勝負強さを発揮し、4番としてチームをけん引。9月10日には通算250号の大台に到達した。その後も「レベチ」な一撃を放り込み続け、120試合の短縮シーズンながらキャリアハイの31本塁打をマーク。楽天・浅村栄斗選手との壮絶なタイトル争いの末、初の本塁打王こそ逃したものの、108打点で3度目の『打点王』を獲得し、充実のシーズンとなった。

近藤健介の驚異的な出塁能力は健在

 近藤健介選手も、持ち味を十分に発揮した。昨季.422で『最高出塁率』のタイトルを獲得した好打者は、今季も卓越したバットコントロールと選球眼で出塁を量産。オリックス・吉田正尚選手、福岡ソフトバンク・柳田悠岐選手とともにハイレベルな首位打者争いを繰り広げ、リーグ3位の打率.340をマークした。また、出塁率.465とほぼ2回に1回は塁に出る驚異的な成績で2年連続2度目の最高出塁率に輝いた。

西川遥輝のオフェンス力の高さ

 切り込み隊長としてチームを引っ張ったのが西川遥輝選手だ。新主将として臨んだ今季は開幕から好不調の波が少なく、安定したパフォーマンスを披露し、4年ぶりの打率3割をクリア。リーグトップの92四球を選ぶなど献身的な活躍も目立ち、出塁率.430とリーグ2位の42盗塁でリードオフマンとして素晴らしい活躍を見せた。ポイントゲッターとしても優秀で、得点圏打率はチームトップの.358をマーク。打はもちろんのことながら、足、勝負強さ、選球眼といったあらゆる面でファイターズ打線の力になった。

「直球破壊王子」の渡邉諒と攻守で魅せた大田泰示

 渡邉諒選手は、2年連続の規定打席到達で主力入りを果たし、キャリアハイの打率.283を記録した。「直球破壊王子」との愛称でおなじみの通り、そのバッティングは直球に滅法強く、数々の直球自慢たちを打ちのめした。

 なかでも印象的だったのが8月8日の埼玉西武戦。7回裏、2死から味方が3得点を挙げて1点差とすると、満塁のチャンスで打席へ。直球自慢のギャレット投手に対し、最速162km/h、160km/h超が4球という全球直球勝負の末、9球目の160km/hを捉えると、打球は三遊間を抜け、2者が生還。劇的な逆転勝利の立役者となり、「直球破壊王子」として名声を上げた。

 大田泰示選手も、3度目となる規定打席に到達。序盤こそ苦しんだものの、8月4日の埼玉西武戦で2本塁打6打点の大暴れをして以降、調子は上向きに。8月・9月には月間打率3割以上を記録するなど、打率.275、14本塁打68打点と結果を残した。俊足を活かした広い守備範囲と強肩でも存在感を示しており、捕殺数は7を記録。普段はライトでの起用が多いが、10月9日にはセンターとしてスタメン出場も果たすなど、来季以降に向けて新たなオプションも試しているようだ。

得点力不足の要因は「6・7番」? 守備ではあらゆる部門でリーグワースト

 しかし、このあとに続く打者が誤算だった。主に6番・7番としてランナーを返す役割を期待された王柏融選手、ビヤヌエバ選手の両外国人が不調で苦しいシーズンに。また、3年目の飛躍が期待された清宮幸太郎選手は、キャリアハイに並ぶ7本塁打をマークするものの、打率が1割台と低迷。得点力不足に大きく響く形となってしまった。

 正捕手の固定にも苦しんだ。宇佐見真吾選手がチーム最多の80試合に出場したものの、打率1割台、昨季は4割あった盗塁阻止率も.290と好守に力を発揮できなかった。昨季チーム最多の98試合に出場した清水優心選手は、今季は69試合でこちらも打率1割台、失策8と悔しい結果に。チーム全体を通しても、守備率、失策数、捕逸数ともにリーグワーストと、ディフェンス面での綻びが低迷につながってしまったといえよう。

野村佑希の潜在能力が開花中。清宮幸太郎とともに若きアーチストが希望の星となるか

 明るい材料もある。清宮選手は、キャリアハイの33四球を選び、出塁率は.300とそのアプローチには向上の跡が見られる。また、2年目の野村佑希選手が開幕戦にプロ初スタメンで一軍デビューを果たすと、7月2日にはバンデンハーク投手からプロ初本塁打、さらに1点ビハインドの9回には守護神・森唯斗投手の直球を捉え、センターオーバーのサヨナラ打を放つなど、たぐいまれなる打撃センスを発揮。戦線離脱の期間こそあったものの、21試合で打率.257、3本塁打18打点を記録し、その天性の打撃センスと物怖じしないメンタリティーには、大器の予感が漂っている。

樋口龍之介、田宮裕涼ら楽しみな若手たちが続々一軍デビュー

 5年目を迎えた平沼翔太選手は、昨季から成績を落としたものの、52試合に出場。主に2番という好打順で経験を積み、9月24日から10月3日にかけて8試合連続安打を放つなどその打撃センスは確かなものだ。また、育成を経験した樋口龍之介選手、高濱祐仁選手がイースタン・リーグで好成績を残し、一軍でも出場機会を得た。

 実績のある淺間大基選手、谷口雄也選手もイースタンでは打率3割を超え、結果を出している。また、2年目の田宮裕涼選手が41試合に出場、終盤には一軍デビューでプロ初安打も放ち、正捕手争いに名乗りをあげた。イースタンで昨季11盗塁、今季は7盗塁の俊足と強肩が魅力的で、その甘いマスクにも注目だ。

新球場移転まで残りわずか。札幌の地で歓喜の瞬間は訪れるか

 今季の北海道日本ハム野手陣は、主力とそれ以外の選手との力量差があった。また、ディフェンス面での引き締まりに欠けていた部分もあったと言えよう。しかし、野村選手、清宮選手をはじめ、ポテンシャルに長ける若手が多くの経験を積み、ステップアップの一年になったことは大きな収穫だ。これまで札幌ドームをホームとしてきた同球団だが、2023年には北広島市に「エスコンフィールド北海道」という新球場が開業予定。残り少なくなりつつある札幌での本拠地開催で悲願の上位進出に向けて、得点力の向上は至上命題だ。

文・岩井惇

☆「パーソル パ・リーグTV」特集動画「北海道日本ハム シーズンレビュー2020」はこちらから!
【vol.1】 【vol.2】
【vol.3】 【vol.4】

関連リンク

ホークスシーズンレビュー2020
マリーンズシーズンレビュー2020
ライオンズシーズンレビュー2020
イーグルスシーズンレビュー2020
バファローズシーズンレビュー2020

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM