ムーアが7回2失点の力投で2勝目。カード初戦は福岡ソフトバンクが逃げ切る

2020.9.11(金) 20:22 パ・リーグ インサイト
9/11 ホークス対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV
9/11 ホークス対ライオンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 9月11日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと埼玉西武の第12回戦は、福岡ソフトバンク4対2で埼玉西武に勝利した。福岡ソフトバンク・ムーア投手は7回2失点の好投で2勝目を挙げた。

 3回裏、埼玉西武の先発・ニール投手に対し、福岡ソフトバンク打線が攻勢に出た。先頭の8番・甲斐拓也選手の二塁打と川瀬晃選手の犠打で1死3塁のチャンスを作ると、1番・周東佑京選手が適時打を放ってまずは1点を先制。さらに、周東選手が二盗、さらには三盗も決め、中村晃選手の犠飛でさらに1点を追加。福岡ソフトバンクが2点を先行する形となった。

 4回表、福岡ソフトバンク・ムーア投手がメヒア選手に9号2ランを許し、埼玉西武がすかさず同点に追いつく展開に。しかし、直後の4回表にデスパイネ選手が放った滞空時間の長い打球は、そのまま左翼席に飛び込む勝ち越しの3号ソロとなった。

 頼もしい援護を受けたムーア投手は一段階ギアを上げ、5回以降は150km/h超の直球を軸に、カットボール、チェンジアップを組み合わせて埼玉西武打線を抑え込む。7回を投げて被安打3、9奪三振2失点の好投でマウンドを降りた。

 1点のリードを守るべく、福岡ソフトバンクは勝利の方程式を投入。8回表はモイネロ投手が最速156km/hの豪速球でねじ伏せると、直後の8回裏にはデスパイネ選手に適時二塁打が生まれてリードを2点に広げる。9回表は守護神・森唯斗投手が無失点に抑えて試合終了。福岡ソフトバンクが4対2で埼玉西武に勝利を収め、4連勝を飾った。

  123456789 計
西 000200000 2
ソ 00210001X 4

西 ●ニール-ギャレット
ソ ○ムーア-モイネロ-S森唯斗

文・吉田貴

関連リンク

9/11 イーグルス対ファイターズ結果
9/11 マリーンズ対バファローズ結果
【ファーム】9/11 イーグルス対ベイスターズ結果
【ファーム】9/11 マリーンズ対スワローズ結果
【ファーム】9/11 バファローズ対カープ結果

関連チーム記事/TEAM