今季は與座海人が2桁勝利をマーク。アンダースローで2桁勝利を達成したパの投手は?

パ・リーグ インサイト

埼玉西武ライオンズ・與座海人投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・與座海人投手(C)パーソル パ・リーグTV

 150km/h超の剛速球を武器とする速球派の投手が増える一方で、近年のプロ野球ではすっかり見かけなくなってしまったアンダースロー(サブマリン)の投手。

 しかし今シーズン、埼玉西武の與座海人投手が10勝を挙げ、ブレイクを果たした。
今回は、2000年以降のパ・リーグで2桁勝利を達成し、記録にも記憶にも残る活躍を見せた希少なアンダースローの投手たちを紹介する。

埼玉西武・與座海人(2022年)

 今季は2年ぶりに開幕ローテーション入りを果たすと、開幕直後こそ打ち込まれたが、二軍調整を経て再び一軍へ昇格する。4月28日の福岡ソフトバンク戦では、3.2回1失点の好リリーフで今季初勝利をマークすると、5月には3先発で防御率0.45と驚異的な活躍を見せ、先発として一軍定着に成功。7月30日の福岡ソフトバンク戦ではプロ初完投・完封を記録するなど、チーム2位タイの10勝を挙げ、Aクラス入りに大きく貢献した。

【2022年一軍成績】
20試合 10勝7敗 115.2回 61奪三振 防御率2.88 WHIP1.04

福岡ソフトバンク・高橋礼(2019年)

 アンダースローながら最速146km/hの速球を武器とする、本格派の長身右腕。ルーキーながらポストシーズンで先発を果たすなど、大きな期待を集めて迎えたプロ2年目の2019年は、開幕ローテーション入りすると、3月31日の埼玉西武戦で6回1失点の好投を見せ、プロ初勝利をマーク。

 開幕5連勝を達成し、初の球宴出場も果たすと、8月13日の東北楽天戦で10勝目を挙げた。最終的に12勝を記録し、巨人との日本シリーズでは第2戦で7回無失点の快投を披露するなど、充実したシーズンとなった高橋投手。オフには、新人王とスピードアップ賞を受賞した。

【2019年一軍成績】
23試合 12勝6敗 143回 73奪三振 防御率3.34 WHIP1.14

埼玉西武・牧田和久(2012年)

 近年活躍したアンダースロー投手として、牧田投手を語らずにはいられない。リリーフのイメージが強いが、プロ2年目の2012年に13勝をマークしている。

 ルーキーイヤーの2011年に5勝22セーブ・防御率2.61をマークし新人王に選ばれると、2012年シーズンは先発投手に再転向。開幕から安定した投球を続け、9月6日の福岡ソフトバンク戦で10勝目を挙げると、その後も勝ち星を重ね、リーグ3位の13勝を挙げる大活躍を果たした。

 2013年にはWBC日本代表に選出されると、以降も埼玉西武の投手陣を支え続け、2018年にはMLBのサンディエゴ・パドレスに移籍。長きにわたって第一線で活躍を見せた、2010年代を代表するアンダースロー投手だ。

【2012年一軍成績】
27試合 13勝9敗 178回 108奪三振 防御率2.43 WHIP1.19

千葉ロッテ・渡辺俊介(2004年、2005年、2008年)

 2000年代の千葉ロッテを支えた選手であり、「ミスターサブマリン」と称されるように、世界一の低さとされるアンダースローが特徴の名投手だ。

 通算87勝を誇る右腕は、現役時代に3度の2桁勝利を達成している。初の2桁勝利は、プロ4年目の2004年。チーム最多の12勝をマークした。そしてキャリアハイのシーズンとなった2005年。3月27日の東北楽天戦で9回1安打の完封勝利を挙げ、幸先の良いスタートを切ると、交流戦でも12球団トップの防御率1.73を記録。その後も好調を維持し続け、最終的に自己最多の15勝を挙げ、チームの31年振りのリーグ優勝に大きく貢献した。

【2004年一軍成績】
23試合 12勝6敗 150.1回 101奪三振 防御率3.59 WHIP1.24

【2005年一軍成績】
23試合 15勝4敗 187回 101奪三振 防御率2.17 WHIP0.96

【2008年一軍成績】
26試合 13勝8敗 172.2回 104奪三振 防御率4.17 WHIP1.30

文・村井幸太郎

関連リンク

打たせて取る投球の、一つの到達点。與座海人が記録している「驚異の数字」とは?
大混戦のシーズン最終盤。各球団の鍵を握る、「9月に状態を上げている選手」は?
一軍の舞台は"近くて遠い"。簡単には来れぬ場所だからこそ後輩に伝えたいこと【内海哲也引退セレモニー】
清宮幸太郎の満塁弾も! パの「初」記録特集!

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE