7回3失点と粘投した田嶋大樹が9勝目。頓宮裕真が2打席連続本塁打で試合を決める

パ・リーグ インサイト

2022.8.31(水) 21:16

オリックス・バファローズ・田嶋大樹投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・田嶋大樹投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月31日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天とオリックスの第19回戦は、8対3でオリックスが勝利した。

 オリックスの先発・田嶋大樹投手は初回、浅村栄斗選手に21号2ランを浴び、先制を許す。しかし2回表に頓宮裕真選手が6号2ランを放ち、すぐさま試合は振り出しに。同点となった直後の2回裏、無失点に抑えたいところだったが、無死1、3塁から鈴木大地選手の適時打で、またしてもリードされる展開に。

 ところが3回表、二塁打と犠打で得点のチャンスを得ると、バレラ選手の適時打で同点に追い付く。2死から吉田正尚選手にも安打が生まれ2死1、2塁とすると、頓宮選手が2打席連続の一発を放ち、3点を追加した。

 援護をもらった田嶋投手は3回裏と4回裏を3者凡退に切るなど、尻上がりに調子を上げる。3点リードで迎えた6回表には、山足達也選手が今季第1号となる本塁打を放ち、点差を広げた。

 8回表にも福田周平選手の適時打で1点をもぎ取ると、8回裏にマウンドへ上がったワゲスパック投手は、3者連続三振でシャットアウト。最終回は宇田川優希投手が3人で抑えて、8対3で試合終了。
 
 勝利したオリックスは先発の田嶋投手が7回7安打1本塁打1四球8奪三振3失点の内容。序盤に打ち込まれるも、3回以降はスコアボードに「0」を並べた。一方敗れた東北楽天は、浅村選手が初回に先制2ランを放つなどの活躍を見せたが、先発の辛島航投手が踏ん張り切れず。打線も3回以降3安打と反撃できなかった。

  123456789 計
オ 024001010 8
楽 210000000 3

オ ○田嶋大樹-ワゲスパック-宇田川優希
楽 ●辛島航-鈴木翔天-酒居知史-ブセニッツ-吉川雄大

文・北村彩実

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
田嶋大樹 選手名鑑
頓宮裕真 動画/成績
「仙台育英出身」パ選手の現在地
コーディネートに取り入れたい ファッショナブルなパ・リーググッズ

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE