隅田知一郎、復帰登板で5回9奪三振の快投【ウィークリーファーム2022 #21】

パ・リーグ インサイト

2022.8.8(月) 00:02

埼玉西武ライオンズ・隅田知一郎投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・隅田知一郎投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月2日から8月7日の間、「パーソル パ・リーグTV」ではイースタン・リーグ3試合、ウエスタン・リーグ3試合を配信した。「ウィークリーファーム」では、この1週間に配信された試合から、注目シーンをピックアップしてお届けする。

イースタン・リーグ

 7月15日に新型コロナウイルスの陽性判定を受けていた埼玉西武・隅田知一郎投手は、8月3日の千葉ロッテ戦で復帰登板。毎回三振を奪うなど相手打線に付け入る隙を与えず、5回1安打9奪三振無四死球無失点の快投を見せた。シーズン後半戦、再び先発ローテーションの一翼を担いたい。

 千葉ロッテの育成ルーキー・村山亮介選手は3日、公式戦初ホームランを記録。その記念すべき一発は1点ビハインドの6回表に生まれ、試合を振り出しに戻した。続く7回表に、吉田裕太選手が勝ち越しの2点適時打、9回表には福田光輝選手が適時二塁打を放ち、チームは逆転勝利を収めている。

ウエスタン・リーグ

 4日のオリックス対福岡ソフトバンクの一戦からは、吉田凌投手の好リリーフを取り上げたい。6回裏のマウンドを託された吉田凌投手は、先頭のリチャード選手を空振り三振に仕留めると、中谷将大選手、仲田慶介選手からも空振り三振を奪い、3者連続三振とした。今季はファームで38試合に登板し、1勝2敗、防御率2.58という成績。昨季は8月の一軍昇格以降、ブルペン陣を支える働きぶりを見せただけに、今後の投球に期待がかかる。

 福岡ソフトバンク・フェリックス投手は、3日に公式戦初登板を果たした。ダイナミックなフォームから最速158km/hを繰り出すなど、中継ぎとして2イニングを投げ、無安打1死球1奪三振無失点。6日の阪神戦では7回裏に2ランを浴びたものの、8回裏は3者凡退に抑えるピッチングを披露した。

◇「ウィークリーファーム」過去の記事はこちら

文・高橋優奈

試合詳細はこちらからチェック!

【8/3 L-M】村山亮介がプロ初本塁打! 投打がかみ合った千葉ロッテが勝利
【8/3 H-B】初回打者一巡の猛攻で福岡ソフトバンクが勝利。リチャードは4打点
【8/4 H-B】来田涼斗が3安打、池田陵真は2安打と若手躍動。オリックスが連敗脱出

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE