東北楽天のドラ1・吉野創士が美技を披露【ウィークリーファーム2022 #13】

2022.6.13(月) 07:00 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・吉野創士選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・吉野創士選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月7日から6月12日の間、「パーソル パ・リーグTV」ではイースタン・リーグ7試合を配信した。「ウィークリーファーム」では、この1週間に配信された試合から、注目シーンをピックアップしてお届けする。

イースタン・リーグ

 6月7日に行われた横浜DeNA戦では、北海道日本ハム・佐藤龍世選手の勝負強さが光った。3対3の同点で迎えた9回裏、2死1、2塁から2球目をセンター前へはじき返すと、二塁走者・宮田輝星選手が一気に生還。ここぞの場面で一打が生まれ、チームをサヨナラ勝利に導いた。激しい内野手争いに割って入るべく、打撃にさらなる磨きをかける。

 東北楽天のドラフト1位ルーキー・吉野創士選手は守備で魅せた。8日の東京ヤクルト戦、3回表2死2塁の場面で、センター前へ落ちるかという打球をスライディングキャッチ。軽快な動きを見せ、追加点を許さなかった。

 11日の埼玉西武対東京ヤクルトからは、高木渉選手の活躍を取り上げたい。第1打席で5号3ランを放つと、続く第2打席ではリードを5点に広げる適時打をマーク。これで8試合連続安打、打率は.308となった。試合後のインタビューで「二軍でしっかり結果を出して、また一軍に呼ばれるように頑張りたい」と語った高木選手に期待だ。

◇「ウィークリーファーム」過去の記事はこちら

文・高橋優奈

試合詳細はこちらからチェック!

【6/7 F-DB】佐藤龍世がサヨナラ打! 北海道日本ハムが接戦を制す
【6/8 E-S】茂木栄五郎が2安打、投手陣は粘投も東北楽天が完封負け
【6/11 L-S】高木渉が5号3ラン含む2安打4打点の活躍! 埼玉西武が7得点で快勝

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM