サイトリニューアルのため、2022年7月8日(金)10:00~2022年7月12日(火)12:00にてメンテナンスを実施します。該当期間のライブ配信に関しては、ご不便をおかけしますがパーソル パ・リーグTVにてご視聴ください。(https://tv.pacificleague.jp/)

東浜巨がリーグトップタイの6勝目! 福岡ソフトバンクが逃げ切り連敗ストップ

2022.6.8(水) 21:18 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・東浜巨投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・東浜巨投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月8日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと阪神の「日本生命セ・パ交流戦2022」第2回戦は、1対0で福岡ソフトバンクが勝利した。

 前日に完封負けを喫した福岡ソフトバンク。この試合こそ援護したいところだったが、走者を出しながらも2度の併殺が響き、3回まで無得点に終わる。

 一方、福岡ソフトバンク先発の東浜巨投手は、今季3戦3勝、防御率1.17と好相性の本拠地で快投を披露。4回表には2死1、2塁からライトへ安打を浴びたが、中村晃選手が好返球で二塁走者・近本光司選手の本塁生還を阻止し、得点を与えなかった。

 好機を迎えたのは4回裏。牧原大成選手、柳田悠岐選手の連打などで無死満塁とすると、二ゴロの間に先制点を奪う。なおも1死1、3塁と続いたチャンスでは今宮健太選手、中村晃選手が打ち取られ、大量点とはならなかった。

 7回終了時点で両チーム合わせて9安打と、先制以降も投手戦が続く。8回表に又吉克樹投手が1死満塁のピンチを招いたが、6月の打率5割超と絶好調の大山悠輔選手を三振に仕留めると、続く糸原健斗選手も三振に打ち取り、リードを守りきった。

 9回表はモイネロ投手が締め、1対0で試合終了。福岡ソフトバンクは、先発の東浜投手が6回95球3安打4奪三振2四球無失点でリーグトップタイの6勝目をマーク。救援陣も7回以降を無失点でつなぎ、チームの連敗を「3」で止めた。

  123456789 計
神 000000000 0
ソ 00010000X 1

神 ●西純矢-藤浪晋太郎
ソ ○東浜巨-藤井皓哉-又吉克樹-Sモイネロ

文・吉村穂乃香

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
東浜巨の動画/成績をチェック
【動画】中村晃 ライトからの好返球で先制を阻止
【動画】藤井皓哉 ピンチを招くも空振り三振で切り抜ける
【動画】又吉克樹 1アウト満塁のピンチを無失点に

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM