サイトリニューアルのため、2022年7月8日(金)10:00~2022年7月12日(火)12:00にてメンテナンスを実施します。該当期間のライブ配信に関しては、ご不便をおかけしますがパーソル パ・リーグTVにてご視聴ください。(https://tv.pacificleague.jp/)

山崎福也が好投&平野佳寿はNPB通算200セーブ達成! オリックスがカード勝ち越し

2022.6.2(木) 21:29 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 山崎福也投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 山崎福也投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月2日、横浜スタジアムで行われた横浜DeNAとオリックスの「日本生命セ・パ交流戦2022」第3回戦は、3対1でオリックスが勝利。連勝でカード勝ち越しを決めた。

 オリックスの先発・山崎福也投手は初回、1死から蝦名達夫選手の1号ソロで先制される。しかし直後の2回表、連打で1死1、3塁とし、伏見寅威選手の内野ゴロの間に1点を取り、すぐさま同点に。4回表にも2死満塁のチャンスをつくったが、ここは得点とはならなかった。

 同点で迎えた6回表、連続四球で無死1、2塁とし、杉本裕太郎選手のフェンス直撃となる適時二塁打で勝ち越しに成功する。先発の山崎福投手は立ち上がりの3回は走者を背負う投球だったが、4回から7回までは1人の走者も出さない完璧な投球を披露。打線は8回表にも1死1、3塁から伏見選手の内野ゴロの間に1点を追加し、リードを広げる。

 オリックスは8回から継投に入り、8回裏は本田仁海投手がつなぎ、9回裏は平野佳寿投手が試合を締めた。勝利したオリックスは、先発の山崎福投手が7回4安打無四死球9奪三振1失点の好投で今季2勝目をマーク。打線は杉本選手が決勝点となる適時二塁打を含む、4打数3安打1打点の活躍を見せた。なお、平野佳投手がNPB通算200セーブを達成している。

  123456789 計
オ 010001010 3
デ 100000000 1

オ ○山崎福也-本田仁海-S平野佳寿
デ ●濵口遥大-平田真吾-田中健二朗-伊勢大夢-クリスキー

文・成田理亮

関連リンク

試合詳細はこちら
山崎福也 選手名鑑
平野佳寿の成績/動画はこちら
杉本裕太郎の動画をチェック
「ドラクエウォーク」パ6球団コラボ 今季も開催!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM