9回に代打・銀次が決勝打! 息詰まる接戦を制した東北楽天がカード勝ち越し

2022.5.26(木) 21:11 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・銀次選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・銀次選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月26日、甲子園で行われた阪神と東北楽天の「日本生命セ・パ交流戦2022」第3回戦は、1対0で東北楽天が接戦を制した。

 東北楽天の先発は岸孝之投手。初回、昨日本塁打の大山悠輔選手から三振を奪うなど3者凡退の立ち上がりでスタートすると、以降も丁寧な投球を披露する。3回裏には1死2塁のピンチを招いたが、後続を断ち先制点を許さない。

 一方の打線も3回表、2死1、3塁の好機では浅村栄斗選手が三振に倒れるなど、相手先発・ガンケル投手の立ち上がりを攻めきれなかった。4回以降は両軍ともに得点圏に走者を進められず、スコアボードに「0」が刻まれたまま試合は終盤へ。

 雨が強くなる中、岸投手は7回裏もマウンドへ。先頭の大山選手にフェンス直撃の二塁打を浴びるも、佐藤輝明選手、糸井嘉男選手、糸原健斗選手の中軸を打ち取りこのピンチを脱する。岸投手はこの回で降板。7回3安打無四球6奪三振無失点の好投で、リリーフ陣に後を託す。

 8回裏には宋家豪投手が登板。2死2塁から安打を浴びたが、レフトの西川遥輝選手が好返球で本塁生還を阻止した。好守備で流れをつくると、9回表、2死1、3塁の場面で前試合にも代打で適時打を放った切り札・銀次選手が登場。2球目をレフト前へ運び、ついに均衡を破った。

 1点リードの9回裏は、自身4試合ぶりのセーブ状況で松井裕樹投手が登板。中軸を迎えたが、3者連続三振と圧巻の投球を見せ、1対0で試合終了。

 勝利した東北楽天は先発の岸投手が試合をつくると、守備では西川遥輝選手が躍動。投手が打席に立つ交流戦ならではの戦い方の中、代打・銀次選手の起用が的中した。チームも10日以来の連勝でカード勝ち越しを決めた。

  123456789 計
楽 000000001 1
神 000000000 0

楽 岸孝之-○宋家豪-S松井裕樹
神 ガンケル-湯浅京己-渡邉雄大-●岩崎優

文・小野寺穂高

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】岸孝之 7回3安打6奪三振無失点で猛虎打線を抑え込む!
【動画】西川遥輝 驚きの身体能力! フェンスにのぼってファールフライに
年々顔ぶれが変わる韋駄天最前線 内野安打一塁到達時間 TOP5

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM