中村剛也が決勝弾! 高橋光成が6回2失点&滝澤夏央がプロ初安打の埼玉西武が勝利

2022.5.13(金) 21:14 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・中村剛也選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・中村剛也選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月13日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と東北楽天の第6回戦は、4対2で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武は2回裏、柘植世那選手の安打と2四球で2死満塁の好機をつくる。続く金子侑司選手は「何とかしたいと思った」と、4試合ぶりの安打は先制の適時打となり、埼玉西武が1点を先制した。

 先発の高橋光成投手は、毎回走者を許しながらも後続を抑える粘りの投球。高橋光成投手は、6回表に島内宏明選手に一発を浴び、連続無失点イニングは「30」でストップしたが、6回6安打3四球4奪三振2失点の投球内容でマウンドを降りた。

 すると打線は直後の6回裏、今日支配下登録され即スタメンに抜てきされた育成ドラ2ルーキー・滝澤夏央選手が先頭打者として出塁。敵失の間に2塁に進塁すると、続く外崎修汰選手の適時打の間に同点に追い付く。さらに中村剛也選手に3号ソロが生まれ、勝ち越しに成功した。

 7回からは、安定感を見せる中継ぎ陣がマウンドへ。水上由伸投手、平良海馬投手がそれぞれ1イニングを3者凡退で切ると、点差を2点に広げた9回表は増田達至投手が3人でシャットアウト。4対2で試合終了した。

 勝利した埼玉西武は、先発の高橋光成投手がリーグトップタイの4勝目をマーク。打線では外崎修汰選手が同点打を含む2安打をマーク。埼玉西武の高卒新人野手では、森友哉選手以来となるスタメンに抜てきされた滝澤選手にプロ初安打が生まれている。

 一方敗れた東北楽天は、打線の援護がありながらも瀧中瞭太投手が5.2回7安打2四球6奪三振3失点(自責点2)。降板後には「先制されたのと、点を取ってもらった後の失点ですね。これではダメです」と悔しそうに振り返った。敗れたチームは3連敗。

  123456789 計
楽 000002000 2
西 01000201X 4

楽 ●瀧中瞭太-弓削隼人-ブセニッツ-安樂智大
西 ○高橋光成-水上由伸-平良海馬-S増田達至

文・小野寺穂高

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】金子侑司の先制のタイムリーヒット!
【動画】滝澤夏央 起用に応えるナイスプレー
【動画】滝澤夏央が嬉しいプロ初ヒット!
【動画】中村剛也の勝ち越し弾!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM