金子千尋が2年ぶりの白星! リードを守り切った北海道日本ハムが連敗ストップ

2022.5.11(水) 21:37 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・金子千尋投手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・金子千尋投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月11日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムとオリックスの第8回戦は、5対2で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハムは1回裏、先頭の松本剛選手、中島卓也選手の連打などで2死満塁の好機をつくると、アルカンタラ選手の四球と敵失策の間に2点を先制。2回裏にも2死1、2塁の場面から清宮幸太郎選手の2点適時二塁打、続く野村佑希選手の適時打で3点を挙げ、リードを5点に広げる。

 先発の金子千尋投手は1回表に2死1、2塁のピンチを招くものの、5番・宗佑磨選手をライナーに打ち取り、立ち上がりを無失点でしのいだ。2回以降は持ち前の制球力で低めにボールを集め、打たせて取る投球でアウトを積み重ねていく。5回表に1点を失ったものの、5回4安打1四球3奪三振1失点の内容で勝ち投手の権利をもって降板した。

 6回表は上原健太投手が登板、1死3塁の場面から頓宮裕真選手の犠飛で1点を失うがこの回を最少失点で乗り切る。7回表は宮西尚生投手が、8回表を堀瑞輝投手がそれぞれ無失点でつなぐと、9回表を守護神・北山亘基投手が締めて試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、金子投手が自身2年ぶりの勝ち星を挙げた。打線も4安打を記録した松本選手を筆頭に12安打5得点。さらにチーム全体で6盗塁と機動力も存分に発揮した。敗れたオリックスは先発・ワゲスパック投手が制球に苦しみ5回9安打7奪三振3四死球5失点(自責点4)と試合を作れず。打線も5安打2得点に留まった。

  123456789 計
オ 000011000 2
日 23000000X 5

オ ●ワゲスパック-張奕-比嘉幹貴‐黒木優太
日 ○金子千尋-上原健太-宮西尚生‐堀瑞輝‐S北山亘基

文・鈴木竜雅

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
金子千尋の動画/記事/成績をチェック
【動画】清宮幸太郎の2点タイムリーツーベース
【動画】2者連続! 野村佑希のタイムリー
【動画】淺間大基のランニングキャッチ

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM